ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブとして整理すると同時に、徒然につぶやいています。 リンクはご自由に。
カテゴリー  [ ★共通する基礎資料 ]

偏向マスコミに呆れます(その3)、2018/4/30~

[ 2018/06/25 (月) ]
No58,57,56を追記。2018/6/25
No55,54を追記。2018/6/15
初回公開日:2018/5/7。偏向マスコミに呆れます(その2)からの続きとして。(一部、重複があります。)


最近のメディアの劣化があまりに酷いと感じます。(そんなものは前から同じ、との声も聞こえますが)

新聞は、自己修復できないなら、できるだけ早く自然衰退していただければ宜しいかと。ただし、その前に軽減税率は適用してほしくないです。特に若い世代にとっては生活必需品ではない*ですし。
*このエビデンスは記事最下部の【00】にあります。
参考エントリー:1年間・10年間で新聞部数はどのくらい減少

テレビは、放送法を守る気がないようなので、お安い電波使用料などの優遇措置を外して良いかと。電波オークション導入や有名無実化している放送法4条存廃論議に賛成です。
以下、氷山の一角ですが批判の声をアーカイブしてみます。

原則として新しい順。 敬称略。
[ 2018/06/25(月) ] カテゴリ: メディアにレッドカードを | CM(0)

1年間・10年間で新聞部数はどのくらい減少、

[ 2018/04/24 (火) ]
データ更新。2018/4/24
初回公開日:2017/11/6


全国紙5紙の販売部数のグラフ化、「押し紙」問題、その他最近の批評などをアーカイブしました。

目次

1.新聞の販売部数(ABC部数)のグラフ
2.押紙問題
3.若い世代が新聞を購読していないデータなど
4.広告費のデータ
5.メモ
6.古いグラフを一時保管

1.新聞の販売部数(ABC部数)のグラフ
[ 2018/04/24(火) ] カテゴリ: メディアにレッドカードを | CM(0)

偏向マスコミに呆れます(その2)、2018/1/2~

[ 2018/04/20 (金) ]
偏向マスコミに呆れます(その3)に続く。2018/4/20(準備中)
初回公開日:2018/2/13。偏向マスコミに呆れます(その1)からの続きとして。(一部、重複があります。)



最近のメディアの劣化があまりに酷いと感じます。(そんなものは前から同じ、との声も聞こえますが)

新聞は、自己修復できないなら、できるだけ早く自然衰退していただければ宜しいかと。ただし、その前に軽減税率は適用してほしくないです。特に若い世代にとっては生活必需品ではない*ですし。
*このエビデンスは記事最下部の【00】にあります。
参考エントリー:1年間・10年間で新聞部数はどのくらい減少

テレビは、放送法を守る気がないようなので、お安い電波使用料などの優遇措置を外して良いかと。取りあえずは電波オークション導入に賛成です。
以下、氷山の一角ですが批判の声をアーカイブしてみます。

原則として新しい順。 敬称略。
[ 2018/04/20(金) ] カテゴリ: メディアにレッドカードを | CM(0)

(メモ)企業が重視している経営リスク

[ 2018/04/09 (月) ]
東京海上日動リスクコンサルティング㈱による『リスクマネジメント動向調査』から引用させていただきます。

企業が重視している経営リスク01
データ出典:経営リスク、労働問題を企業重視 東京海上の調査で初の1位、訴訟備え保険も(サンケイビズ 2018/4/5)
[ 2018/04/09(月) ] カテゴリ: リスク,寿命,人口などのデータ | CM(0)

(資料)交通事故死亡者数、労働災害死亡者数の経年グラフ

[ 2018/04/02 (月) ]
グラフデータ更新。2018/4/2
(上記までの追記・更新記録は割愛)
初回公開日:2013/2/1


事故による落命で、すぐに思いつくのがこの2つだったので。

ジャンルの異なる2つデータをグラフにしただけですが。
[ 2018/04/02(月) ] カテゴリ: 災害、防災関係 | CM(0)

(メモ)新聞販売の闇―「押し紙」偽装で読者データを改ざん

[ 2018/03/30 (金) ]
自分用のアーカイブとして、リンクと一部引用のみのエントリーです。
他エントリー:1年間・10年間で新聞部数はどのくらい減少 から切り出して単独化しました。

【「押し紙」とは】
新聞社が新聞販売店に送る新聞のうち、配達されない新聞のこと。たとえば2000部しか配達していない販売店に3000部を搬入すると、過剰になった1000部が「押し紙」。偽装部数ともいう。
ただし、予備紙(配達中の破損などに備えて余分に確保しておく新聞で、通常は、搬入部数の2%)は、「押し紙」に含まれない。
すなわち、発行部数>販売部数(ABC部数)>>販売部数(実配部数)、となっている。
販売部数(ABC部数)が広告取引の基礎データとなる。(新聞や雑誌の広告料金は、部数によって決まるので。)

(以下、新しい順)

【小見出しのみ引用】

  • ビジネスモデルの崩壊
  • 障害になりはじめた再販制度とテリトリー制


新聞販売の闇―「押し紙」偽装で読者データを改ざん
販売部数の偽装は「詐欺」という犯罪的要素を孕んでいる
幸田泉 文春オンライン 2018/03/19

【小見出しのみ引用】

  • 「弁護士を降ろせ」
  • (「読者データを改ざんするのは業界の常識です」)
  • 読者データを改ざん
  • データの改ざん方法は「過去読(かこどく)起こし」
  • (部数偽装により「折り込み広告」の税金を詐取?)
  • 「折り込み」で税金を詐取?
  • (安定した経営を続けている販売店の「NO団、NO材」方針とは)
  • 選挙の際に証紙を張った法定ビラも廃棄していた
  • 「NO団、NO材」

[ 2018/03/30(金) ] カテゴリ: メディアにレッドカードを | CM(0)

「日本の財政は危機的な状況にある」という通説に対して

[ 2018/02/11 (日) ]
勉強になった論説を3点、メモします。
(酒席での論議は避けてURLを送ることにしよう。)

日本の財政状況に関する見方については楽観論と悲観論が入り混じり、必ずしも十分なコンセンサスが得られているとはいえない状況にある。「消費増税を延期すると国債暴落」と「借金1000兆円に騙されるな」の間には、やはり大きな隔たりがあるということになるだろう。両者の距離を少しでも埋めるべく、本稿では現在の財政状況をめぐる議論について論点整理を試みることとしたい。
本稿の主たるメッセージをあらかじめ要約すると、
(1)これまでのところ歳出(財政支出)は抑制基調にあり、高齢化に伴う社会保障費の負担増を考慮したとしても財政状況に不連続な変化が生じることはなく、
(2)こうしたもとで、予期しない歳出の増加などが生じた場合にも、国民負担率からみて最終的には増税の余地が残されていることを併せて考慮すると、
日本の財政は破綻をきたす懸念なく安定的に推移していくと見込まれるというものだ。
以下、この判断に至る道筋について順を追って説明していくこととしよう。
【小見出しのみ引用】

  • 国債の累増と低金利の並存
  • 国を家計に喩えると?
  • 安倍内閣は放漫財政?
  • 2025年問題?
  • 国民負担率をみると?
  • 粗債務か純債務か?

[ 2018/02/11(日) ] カテゴリ: 共通基礎のその他 | CM(0)

共同通信、山中教授が論文不正に関わったような記事を発信、批判を受けURLそのまま、訂正説明無しの全文差し替え

[ 2018/02/10 (土) ]
旧聞に属する話ですが、“メディアの印象操作”、“不誠実”が露呈し、(元々落ちていた)メディアへの信頼低下が加速した事例です。
京都大学iPS細胞研究所の助教が発表した論文にデータの捏造などの不正があった問題に関連して、共同通信が信じれられない失態を演じたので、まとめておきます。

経緯
A が批判の嵐となり、 B に置き換わった(2つの記事は同じURL)
[ 2018/02/10(土) ] カテゴリ: メディアにレッドカードを | CM(0)

朝日のモリカケ報道にジャーナリズム大賞(どうぞご勝手に自作自演してください)

[ 2018/01/15 (月) ]
朝日にジャーナリズム大賞=森友、加計学園報道で―新聞労連(時事通信 2018/1/12)
正確には、第22回新聞労連ジャーナリズム大賞

デマか、フェイクか、冗談か、と思ったトピックスなので、少し勉強してみました。
結論として、この業界は労使、社外関係者などがそろって同じ穴のムジナで、自浄作用は期待できず、衰退・崩壊しつつある業界だと理解しました。

主催する日本新聞労働組合連合(新聞労連)とは
[ 2018/01/15(月) ] カテゴリ: メディアにレッドカードを | CM(0)

偏向マスコミに呆れます(その1)、~2018/12/31

[ 2018/01/01 (月) ]
偏向マスコミに呆れます(その2)に続く。2018/1/1
初回公開日:2017/10/27



最近のメディアの劣化があまりに酷いと感じます。(そんなものは前から同じ、との声も聞こえますが)

新聞は、自己修復できないなら、できるだけ早く自然衰退していただければ宜しいかと。ただし、その前に軽減税率は適用してほしくないです。特に若い世代にとっては生活必需品ではない*ですし。
*このエビデンスは記事最下部の【00】にあります。
参考エントリー:1年間・10年間で新聞部数はどのくらい減少

テレビは、放送法を守る気がないようなので、お安い電波使用料などの優遇措置を外して良いかと。取りあえずは電波オークション導入に賛成です。
以下、氷山の一角ですが批判の声をアーカイブしてみます。

原則として新しい順。 敬称略。
[ 2018/01/01(月) ] カテゴリ: メディアにレッドカードを | CM(0)

(メモ)朝日新聞による小川榮太郎氏らに対するスラップ訴訟

[ 2017/12/30 (土) ]
情報が増えたので、別エントリーから抜き出して単独にしました。

小川榮太郎氏と朝日新聞をめぐる経緯の概要

2017
10/22
徹底検証「森友・加計事件」朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪』(飛鳥新社)発売
11/21朝日が小川氏らに「事実に反する」などとして16項目を指摘し、謝罪や賠慣を求める申入書を発出
12/5小川氏が朝日に「恥を知りなさい」と反論し、16項目について説明した回答書を発出
12/6朝日が回答書に対し「承服できない」とするコメントを発表
12/25朝日が小川氏と出版元の飛鳥新社を相手取り、謝罪広告と計5000万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こす

原則として新しい順。
情報アーカイブ 敬称略
[ 2017/12/30(土) ] カテゴリ: メディアにレッドカードを | CM(0)

(メモ)ワセダクロニクルの“買われた記事”シリーズ

[ 2017/12/27 (水) ]
買われた記事11を追記。2017/12/27
(上記までの追記記録は割愛)
ニセ科学/医学・疑似(似非)科学に関する有用情報へのリンク集から独立・単独化:2017/5/8


『ワセダクロニクル』(渡辺周編集長)というジャーナリズムが、
『医薬品の新聞記事がカネで買われた記事だった。電通グループの顧客である製薬会社の薬の宣伝をするために、共同通信グループが報酬を伴う記事を作成し、それを地方紙が掲載してきた』
との調査報道をシリーズで発信しています。
現時点で、第1回(2017/2/1)第11回(2017/12/27)
自分用のメモとして、小見出し、キーワード、などの部分的引用でアーカイブしています。
[ 2017/12/27(水) ] カテゴリ: メディアにレッドカードを | CM(0)

(メモ)量子コンピュータって何?

[ 2017/11/20 (月) ]
リンクキーワードのみのアーカイブです。

堺三保氏がITmediaに連載されたシリーズ

量子コンピュータって何? その1 2008/7/4

量子ビット、


量子コンピュータって何? その2 2008/7/18

不確定性原理、状態の重ね合わせ


量子コンピュータって何? その3 2008/8/22

量子テレポーテーション、量子の絡み合い(エンタングルメント)、EPRパラドックス、ベルの不等式


量子コンピュータって何? その4 2008/9/12

NTTと阪大、量子ゲート、量子アルゴリズム


[ 2017/11/20(月) ] カテゴリ: 共通基礎の科学系 | CM(0)

(メモ)ネットの言論を貶めるTBSサンデーモーニング、倉重篤郎と坪井ゆづるの呆れた質問、生放送で露呈したNEWS23偏向報道の実態、

[ 2017/10/17 (火) ]
『ネットの言論を貶めるTBSサンデーモーニング』を追記。2017/10/17
『倉重篤郎と坪井ゆづるの呆れた質問』を追記。2017/10/11
初回公開日:2017/9/26



メディアの偏向報道、情報操作、驕りなどについてのご指摘をアーカイブしました。
以下、新しい順

目次

(これら以降は別エントリー 偏向マスコミに呆れます にあります。2017/10/27追記)

3.ネットの言論を貶めるTBSサンデーモーニング【追記】
2.【日本記者クラブ主催・党首討論】での倉重篤郎と坪井ゆづるの「ゴシップ報道」偏向した呆れた質問【追記】
1.生放送で露呈したNEWS23偏向報道の実態
[ 2017/10/17(火) ] カテゴリ: メディアにレッドカードを | CM(0)

(メモ)大炎上したテレビ朝日「ビキニ事件とフクシマ」

[ 2017/08/11 (金) ]

【小見出しのみ引用】

  • そもそもなぜ「炎上」したか
  • では、番組の内容はどうだった ?
  • (示されなかった数値的裏付け)
  • (1)証言ばかりで客観的根拠に乏しい
  • (2)線量計を地面に「直置き」
  • (これは「印象操作」ではないのか)
  • (3)第五福竜丸乗組員の健康被害
  • (マスコミが作り出す「物語」)
  • (4)温暖化による海水面上昇の被害
  • (5)「島民の被曝は人体実験だった」ことを示す文書
  • (6)ロンゲラップ島に帰島している人は少ない
  • (悲劇を踏み台にしていいのか)
  • これは誰のための「報道」なのか

[ 2017/08/11(金) ] カテゴリ: メディアにレッドカードを | CM(0)

(メモ)偏見と誤解に満ちた国連報告など不要だ

[ 2017/06/15 (木) ]
偏見と誤解に満ちた国連報告など不要だ(杉浦正章 永田町幹竹割り 2017/6/14)からごく一部のみの引用、および関連情報です。
[ 2017/06/15(木) ] カテゴリ: 共通基礎のその他 | CM(0)

(メモ)フェイク情報を見分ける知恵(安井至氏)

[ 2017/06/03 (土) ]
安井至氏によるフェイク情報を見分ける知恵(ニセ情報に満ち満ちた海を泳ぐ技)で4つの法則を提示されているのでアーカイブさせていただきます。
市民のための環境学ガイド 2017/5/24
[ 2017/06/03(土) ] カテゴリ: ニセ科学,デマ,怪論文 | CM(0)

(メモ)訪日外国人旅行者、消費額

[ 2017/03/31 (金) ]
2016年

訪日外国人観光客数国別内訳
出典:【保存版】2016年国別訪日外国人観光客数を月別・直近3カ年と掘り下げて分析してみた(Attractive JAPAN SUCCESS)

国籍・地域別にみる訪日外国人旅行消費額
出典:訪日外国人消費動向調査(観光庁 2017/3/31)

【参考】本川裕さんのサイト社会実情データ図録の『海外旅行客数の推移』

2015年
[ 2017/03/31(金) ] カテゴリ: 共通基礎のその他 | CM(0)

ニセ科学/疑似(似非)科学に関する有用情報へのリンク集

[ 2017/03/25 (土) ]
不定期に追記していますが、少したまるとタイムスタンプを更新します。
追記。2017/3/25
(上記までの追記記録は割愛)
初回公開日:2013/12/09



ニセ科学/疑似(似非)科学に関する有用(だと思った)情報を、メモでアーカイブしてきましたが、結構たまりましたので一覧表にしました。今後も有用情報に巡り合ったら追記していく予定です。

目次

1.総合的な情報・検索
2.個別
3.空間除菌関連
4.類似のエントリー
5.WELQ(ウェルク)関連 (DeNAが運営するキュレーションメディア)
[ 2017/03/25(土) ] カテゴリ: ニセ科学,デマ,怪論文 | CM(0)

(メモ)安全と安心はどう違うか

[ 2017/03/17 (金) ]
安井至氏による論説を3点、アーカイブさせていただきます。
少々発信時期が古いですが、これらを読むと、小池百合子都知事が、行政の長としていかに頓珍漢なことを言っいるかということが、良くわかります。
[ 2017/03/17(金) ] カテゴリ: リスク認知など一般的な | CM(0)

人口、平均寿命など、いろいろグラフ

[ 2017/01/18 (水) ]
直近情報から一部のデータ・グラフを更新。2018/1/15
(上記までの追記・更新記録は割愛)
初回公開日:2014/5/13

必要なときに直ぐに見れるように、資料の引用やリンクをまとめておきます。

目次 (ページ内リンクが付いています)
[ 2017/01/18(水) ] カテゴリ: リスク,寿命,人口などのデータ | CM(0)

(メモ)「南京大虐殺」を世界遺産にしたユネスコ事務局長のトンデモない経歴

[ 2016/12/05 (月) ]
産経ニュースに興味深い記事があったので、アーカイブさせていただきます。

ユネスコ事務局長のイリナ・ボコバについては、報道などで断片的な知識しかなかったので、この記事は大変勉強になりました。(真偽のほどは各自ご判断を)

なお、10月13日時点で、日本はユネスコ(国連教育科学文化機関)に支払う、2016年の分担金など約44億円の支払いを留保している。(分担金(約38億5000万円)のほか、カンボジアの世界遺産「アンコールワット」の修復費など任意拠出を約束している約5億5000万円)
ユネスコ分担金上位5

【追記】2016/12/22 政府は制度改善の動きがみられると判断し支払いに踏み切った。(任意拠出金を含む)

【月刊正論12月号】「南京大虐殺」を世界遺産にしたユネスコ事務局長のトンデモない経歴 ミロスラフ・マリノフ(ジャーナリスト)(産経ニュース 2016/12/3)『この記事は、月刊「正論12月号」から転載しました。』との事。
ミロスラフ・マリノフ氏はブルガリア出身のジャーナリスト(1958年、ブルガリア生まれ、現在はカナダでフリージャーナリストとして執筆活動中)。

(自分用のアーカイブで、長文から小見出し一部のみを引用したものですので、正確なところは原文をご参照ください。)

――――引用開始――――
[ 2016/12/05(月) ] カテゴリ: 共通基礎のその他 | CM(0)

地球史年表(1年に換算したら)

[ 2016/12/01 (木) ]
データを最新に修正。2016/12/01
初回公開日:2013/04/01


焦点の当て方によって、様々な種類のものが作れると思いますが、現代の地球環境に関連する事項を中心にしたラフなまとめとしての地球の歴史です。

目次

1.地球史年表
2.ビッグ5(境界事変)
3.地質時代区分
4.地球大気の「進化」
5.関連エントリー
6.参考にした資料

1.地球史年表
[ 2016/12/01(木) ] カテゴリ: 共通基礎の科学系 | CM(0)

(メモ)博多の道路大陥没の復旧で垣間見た、土木インフラの底力

[ 2016/11/15 (火) ]
追記しました。2016/11/15
初回公開日: 2016/11/14


タイムラインに流れていた情報のアーカイブです。
(これら以外にも様々な関係者のご尽力があったかと)

驚異的な速さでの復旧の様子(全貌)を見るには
[ 2016/11/15(火) ] カテゴリ: 共通基礎の科学系 | CM(0)

日本人のノーベル賞受賞者リスト(おまけでイグノーベル賞、勲章・褒章)

[ 2016/10/03 (月) ]
更新しました。 2017/10/9
(上記までの追記・更新記録は割愛)
初回公開日:2014/10/31


2016年で合計 25 人(米国籍の2人を含む)

2015年まで
日本人のノーベル賞受賞者A2015

2012年まで
日本人のノーベル賞受賞者02

【受賞理由情報など】
日本人のノーベル賞受賞者 - Wikipedia

自然科学系(物理、化学、生理学・医学)の受賞者は 22 人(米国籍の2人を含む)
その他、国別受賞者数など
[ 2016/10/03(月) ] カテゴリ: 共通基礎の科学系 | CM(0)

木村太郎というリスク (ヒ素がでたので豊洲市場は白紙撤回という発言) 

[ 2016/09/20 (火) ]
Mr.サンデーで常勤?ゲスト(と番組HPに記載で、コメンテーターや解説者扱いでない)の木村太郎(単なる芸能人扱い故、敬称なし)のビックリ発言がありました。
9月18日(日曜)のフジテレビ、夜10時~生放送
[ 2016/09/20(火) ] カテゴリ: メディアにレッドカードを | CM(0)

マグニチュード、過去の地震災害、震度、加速度、P波とS波、長周期地震動、などに関するメモ

[ 2016/09/01 (木) ]
地震について、ごく基本的なところを勉強しました。

目次

1.主に、マグニチュード、過去の地震災害、津波、など
2.主に、震度、加速度、P波とS波、長周期地震動、など
3.「活断層の地震に備える-陸域の浅い地震-」パンフレット(文部科学省、気象庁)

1.主に、マグニチュード、過去の地震災害、津波、など
[ 2016/09/01(木) ] カテゴリ: 災害、防災関係 | CM(0)

気象等の“特別警報”や“警報”、“風の強さ”、“台風の階級”に関するメモ

[ 2016/08/22 (月) ]
避難関連の情報の名称変更を反映。2016/12/26
(上記までの追記記録は割愛)
初回公開日:2016/8/22


気象庁が発表する、
注意報16種類大雨、洪水、強風、風雪、大雪、波浪、高潮、雷、融雪、
濃霧、乾燥、なだれ、低温、霜、着氷、着雪
警報7種類大雨、洪水、暴風、暴風雪、大雪、波浪、高潮
特別警報6種類大雨、暴風、暴風雪、大雪、波浪、高潮
のうち、警報の一部、特別警報、風の強さ、台風の基準などについて、勉強しました。

避難を呼びかける情報 市町村が発表
小文字は変更前の名称
[ 2016/08/22(月) ] カテゴリ: 災害、防災関係 | CM(0)

(メモ)欧州の地図、EUの組織、など

[ 2016/06/25 (土) ]
追記。2016/6/25
初回公開日:2013/12/31


欧州の国々が、中々、頭の中の地図イメージに投影されません。それで、自分用に、、、

欧州の情報

全体

欧州地図04
[ 2016/06/25(土) ] カテゴリ: 共通基礎のその他 | CM(0)

(メモ)沖縄から貧困がなくならない本当の理由

[ 2016/06/03 (金) ]
沖縄から貧困がなくならない本当の理由 樋口耕太郎 沖縄タイムス

(1)対症療法 2016/6/3
(2)連鎖 2016/6/10
(3)低所得の構造 2016/7/5
(4)変化 2016/8/1
(5)心の問題 2016/9/6
(6)貧困の本質 2016/9/30
[ 2016/06/03(金) ] カテゴリ: 共通基礎のその他 | CM(0)
このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索