ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブとして整理すると同時に、徒然につぶやいています。 リンクはご自由に。

レアアース問題の現状と歴史的経緯

[ 2016/04/02 (土) ]
データ更新および追記。 2016/4/2
初回公開日: 2014/12/1


レアアースの世界生産シェア、日本の輸入量、中国をWTOに提訴した件、日本の国内需要量、などについてまとめました。

1.レアメタルとレアアース (簡単な基本説明)

レアメタル
レアメタルは、 47種の金属元素で、それぞれ耐熱性、耐食性、蛍光性に優れるなど特殊な性質を有しており、自動車、IT製品などの精密機械の原材料等として、幅広く使用されている。
世界的な精密機械の普及等に伴い、有用性が高い一方で希少性も高いレアメタルに関する注目が。

レアメタル、レアアース02
出典:H24年版 環境白書 図1-3-23

レアアースはレアメタルの一種
レアメタルのうち、スカンジウム、イットリウム、ランタンからルテチウムまでの17元素のグループは希土類元素、あるいはレアアースと呼ばれ、原子を構成する電子軌道の「4f電子」という特徴的な電子軌道に起因する特性や化学的性質を有する。
レアアースの存在が明らかになったのは1794年。スウェーデンで見つけられた新しい鉱物中に未知の元素の酸化物の“新しい土”を発見し、それを“希な土(rare earth)”と名付けたことが語源。
産業用資源として使われはじめ たのは20世紀初頭で、ライターの発火石の原料としての用途が中心。当時はレアアースの精製・分離技術が確立されておらず、原鉱の状態のまま、またはミッシュメタル(合金)の状態で利用されるケースがほとんど。
その後、精製・分離技術が発達し、またレアアースの特性が明らかにされるにつれ、現在は、日本の産業界にとって不可欠な金属資源。特に日本企業が技術優位性を有しているハイテク産業分野での用途が拡大しており、日本の経済成長の“鍵”となる金属資源といえる。

レアアースの17元素は、発見された経緯や元素ごとに分離する際の状況により、軽希土類(軽レアアース)重希土類(重レアアース)に大別される。
軽希土類(軽レアアース)は比較的世界の広い地域に分布しているため、今後各地での開発が進むにつれて供給源の多様化につながりやすい。
重希土類(重レアアース)は偏在性が高く、現在のところ、中国のある特定の鉱床でしか十分に生産できる量が確認されていない。 そのため、より調達リスクが高いとされ、その安定供給が危ぶまれている。

【主な出典】
レアアースの通説 正と誤(JOGMEC独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構
(独立行政法人)物質・材料研究機構のサイト

2.中国が世界シェアの9割 (中国の戦略)
[ 2016/04/02(土) ] カテゴリ: 廃棄物,リサイクル,レアアース | CM(0)

“産業廃棄物”の排出量(経年グラフ)、リサイクル率など

[ 2015/12/22 (火) ]
2013年度データに更新。2015/12/22
初回公開日:2014/3/3


“産業廃棄物”の排出量、リサイクル率、最終処分場の残余年数などについてのデータをピックアップしてグラフにします。
“ごみ”の排出量(経年グラフ)、リサイクル率など とセットの記事です。

はじめに“産業廃棄物”の定義は何か?についてですが、法律等で明確に定められています。

廃棄物の区分
[ 2015/12/22(火) ] カテゴリ: 廃棄物,リサイクル,レアアース | CM(0)

【後篇】(プラスチックのリサイクル)容器包装リサイクル法による対応の問題

[ 2015/11/25 (水) ]
【前篇】(プラスチックのリサイクル)マテリアルリサイクルか?、サーマルリサイクルか?からのつづきです。
家庭から回収された廃棄プラスチックが、どのように処理・再生されているのか?といったことです。

このエントリーの主題は、容器包装リサイクル法ですが、最初に法体系の全体を挙げておきます。
1.廃棄物・リサイクル関連の法体系
[ 2015/11/25(水) ] カテゴリ: 廃棄物,リサイクル,レアアース | CM(0)

【前篇】(プラスチックのリサイクル)マテリアルリサイクルか?、サーマルリサイクルか?

[ 2015/11/20 (金) ]
廃棄物の再資源化に関して、教科書的には、サーマルリサイクルは3Rの優先順位の下位(正確にはマテリアルリサイクルの下)に位置付けられるようです。
【その理由や背景】
  • 循環型社会形成推進基本法(2000年5月制定)で、廃棄物の処理の優先順位を、
      1 発生抑制:Reduce:リデュース
      2 再使用:Reuse:リユース
      3 再生利用:material Recycle:マテリアルリサイクル
      4 熱回収:thermal Recycle:サーマルリサイクル
      5 適正処分
    とした。
  • モノとして使うことを、エネルギーとして使うことより価値があるとみなしている。
  • リサイクルとは物を繰り返し使うことであると素朴に考え、ごみとなったマテリアル(物質)を別のマテリアルに再加工して再利用するマテリアルリサイクルこそが本物のリサイクルであり、サーマルリサイクルは偽物のリサイクルだと考える傾向がある。
  • ダイオキシン騒ぎ後の焼却技術の進化を予測できなかった。
しかし、実態としてそうではない面もあり、特に、プラスチックに関しては認識を改めた方が良いので、ブログ主なりに勉強したことをまとめてみます。
(プラスチックのリサイクルについて調べると、かなり奥が深いことがわかりました。)

(本論に入る前にプラスチックの一般知識)
プラスチックの生産量など
[ 2015/11/20(金) ] カテゴリ: 廃棄物,リサイクル,レアアース | CM(0)

容器・包装のリサイクル率グラフ

[ 2015/09/18 (金) ]
2014年度データ(一部)を追記。2015/9/18
(上記までの追記・更新記録は割愛)
初回公開日:2013/03/21


データを集めてグラフにしただけです。解説も補足もありませんが、、、

リサイクル率2014

データの出典と定義
[ 2015/09/18(金) ] カテゴリ: 廃棄物,リサイクル,レアアース | CM(0)

“ごみ”の排出量(経年グラフ)、リサイクル率など

[ 2015/01/23 (金) ]
2013年度データに更新。2015/1/23
初回公開日:2014/2/10


“ごみ”の排出量、リサイクル率、欧州との比較、最終処分場の残余年数などについてのデータをピックアップします。
“産業廃棄物”の排出量(経年グラフ)、リサイクル率など とセットの記事です。

“ごみ”の排出量の現状(経年グラフ)
[ 2015/01/23(金) ] カテゴリ: 廃棄物,リサイクル,レアアース | CM(0)

家電4品目の再商品化率(2012年度版)

[ 2014/02/10 (月) ]
家電4品目(エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機)の再商品化率の経年グラフなどです。

家電4品目の再商品化率
[ 2014/02/10(月) ] カテゴリ: 廃棄物,リサイクル,レアアース | CM(0)

太陽光発電設備のリサイクル

[ 2014/01/01 (水) ]
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[ 2014/01/01(水) ] カテゴリ: 廃棄物,リサイクル,レアアース | CM(-)
このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索