ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブとして整理すると同時に、徒然につぶやいています。 リンクはご自由に。

過去(1960年代)からのセシウム摂取量 Bq/日、体内平衡量 Bq/人

[ 2012/01/28 (土) ]
 過去のフォールアウトにともなうセシウムCs137の摂取量 Bq/日、体内平衡量 Bq/人のグラフなどをセシウムの挙動経路に沿って纏めます

【目次】
1.過去の核実験によるフォールアウト Cs137 Bq/m2
2.食品中のCs137 Bq/kg
 2-1.水田土壌と白米の汚染 Cs137 Bq/kg
 2-2.粉乳の汚染
 2-3.海水・海底土・魚の汚染
3.セシウム摂取量(ストロンチウムもあり)
 3-1.Cs137 全国 日常食
 3-2.Sr90 全国 日常食
4.セシウムCs137の体内平衡量、尿のCs137濃度
5.核実験による世界平均の実効線量推定値
6.今回の降下量はどうだったか?
7.ストロンチウムSr90はセシウムとの比率で把握すれば良い
8.注意すべき事(一瀬昌嗣先生)
9.個人的メモ

 ごく一部を除き特に新しい情報ではなく、今さらの感ですが個人的な情報整理ですのでご容赦ください。
 できる範囲で、1950年代からの成るべく過去からのグラフをピックアップしました。
 引用させて戴いた各原典には感謝いたします。
[ 2012/01/28(土) ] カテゴリ: 過去の汚染に関する事 | CM(5)

過去42年間の玄米・白米の放射能データ(玄米最大値は20.4Bq/kg)

[ 2011/10/31 (月) ]
 2011/12/21 水田土壌のデータを追記しました


 1959年から2000年の42年間の米(玄米・白米)、小麦(玄麦・小麦粉)の放射性物質 セシウムCs137とストロンチウムSr90のデータが、農業環境技術研究所のサイトの「主要穀類および農耕地土壌の90Sr と137Cs 分析データ一般公開システム」にありましたので、ピックアップしました。
[ 2011/10/31(月) ] カテゴリ: 過去の汚染に関する事 | CM(0)
このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索