ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブとして整理すると同時に、徒然につぶやいています。 リンクはご自由に。
カテゴリー  [ (★原発) ]

原発の再稼働差し止めの樋口英明裁判長

[ 2015/12/27 (日) ]
すでに多くの論説がありますが、経緯を含めて簡潔にアーカイブしておきます。

高浜原発・大飯原発の再稼働差し止め仮処分を取消と却下
[ 2015/12/27(日) ] カテゴリ: 原発に直接に関する事 | CM(0)

“川内原発1号機 復水器の細管損傷”についての勉強

[ 2015/08/28 (金) ]
標記に関する諸情報を聞いていて、シンプルな疑問を持ちました。
●このトラブルのリスクは?
●なぜ、出力75%の運転を続けられるのか?
●運転中に、どのようにして点検をして修理するのか?
それらについて、九電の発信情報などをベースに勉強してみます。(今後、新しい報告がでれば修正の可能性もあります。)
なお、ブログ主の一般理系知識での推定も入っています。

このトラブルのリスクは?
[ 2015/08/28(金) ] カテゴリ: 原発に直接に関する事 | CM(2)

福島第一原発事故 4 つの事故調査委員会+αの比較(メモ)

[ 2014/10/08 (水) ]
国会図書館の『調査と情報』 No756 2012/8/23 に
福島第一原発事故と4 つの事故調査委員会 という資料がありますので、その中から、表題に関する情報をメモします。
表題の+αは 原子力規制委員会の東京電力福島第一原子力発電所 事故の分析 中間報告書 2014/10/8 です。

4 つの事故調査委員会の比較表 (クリックすると拡大されて読めます
[ 2014/10/08(水) ] カテゴリ: 原発に直接に関する事 | CM(0)

「大飯原発判決」これだけの誤り(メモ)

[ 2014/06/12 (木) ]
個人メモとして、リンクだけのエントリーです。

「農と島のありんくりん」 2014/6/12 地震予知の難しさを知らない福井地裁判決

「農と島のありんくりん」 2014/6/11 福井地裁判決 双子の神話 原発安全とリスクゼロ

「農と島のありんくりん」 2014/6/10 福井地裁判決 司法のひとりよがり

「GEPR 澤昭裕氏」 2014/6/9 「大飯原発判決」これだけの誤り

「GEPR 奈良林直氏」 2014/5/26 工学者が見る大飯原発差し止め判決の誤り

[ 2014/06/12(木) ] カテゴリ: 原発に直接に関する事 | CM(0)

(個人的メモ12月後半)やみくもな脱原発に関して

[ 2013/01/04 (金) ]
後半月分です。

関連情報をツイートでメモしたりお気に入り登録していましたが、それらをブログに移植しておきます。
[ 2013/01/04(金) ] カテゴリ: 闇雲な脱原発に関するメモ | CM(0)

活断層の定義(耐震設計審査指針)、調査への違和感

[ 2012/12/20 (木) ]
以下のほかでも、適宜、追記しています。
『変動地形学』に関する一般知識的なことを追記。2012/12/28
『5.規制委員会の調査結果に対する代表的な反論』を追記。2012/12/25
『7.活断層に関する一般情報』を追記。2012/12/21


 原発の活断層についての論争が大きくなっていますので、情報を正しく判断するためにチョット調べてみました。基本となるのは『発電用原子炉施設に関する耐震設計審査指針』です。

1.耐震設計審査指針の経緯
 【参考エントリー】★原子力政策、電力政策、原発の歴史年表
[ 2012/12/20(木) ] カテゴリ: 原発に直接に関する事 | CM(4)

原子力規制委員会、原子力委員会とは

[ 2012/12/18 (火) ]
 今更ながらですが、原子力規制委員会の委員プロフィール、原子力委員会の委員プロフィールなど、基礎的なところを纏めました。

原子力規制委員会

5人の委員のプロフィール
[ 2012/12/18(火) ] カテゴリ: 原発に直接に関する事 | CM(0)

(個人的メモ12月前半)やみくもな脱原発、再生可能エネルギーへの過剰な期待に関して

[ 2012/12/16 (日) ]
半月分です。

関連情報をツイートでメモしたりお気に入り登録していましたが、それらをブログに移植しておきます。
[ 2012/12/16(日) ] カテゴリ: 闇雲な脱原発に関するメモ | CM(0)

9.3トンの分離プルトニウム保有、核不拡散問題

[ 2012/12/14 (金) ]
 将来的に原発をどうするか?、再処理・プルサーマル・高速増殖炉をどうするか?などに絡んで、表記の問題があります。基礎的な情報をまとめておきます。
 11月12日のドライキャスクから始まり、知りたがりの虫が騒ぐままに調べてきたエントリーの最後ですが、チョットしたシリーズになりました。(下のほうに関連エントリーリストがあります。また、カテゴリーも新設しました。)

1.プルトニウムについて基本的なこと

日本および各国のプルトニウム保有量
[ 2012/12/14(金) ] カテゴリ: 再処理~最終処分に関する | CM(0)

使用済み燃料の“再処理”と“直接処分”の比較など

[ 2012/12/10 (月) ]
使用済み燃料の“直接処分”について、よく耳にするようになった気がします。
“再処理”と“直接処分”の比較などの基本的なところを纏めておきます。

1.使用済み燃料の取扱いは2通りあります。現在の日本の計画は“再処理”です

直接処分とは
[ 2012/12/10(月) ] カテゴリ: 再処理~最終処分に関する | CM(0)

(個人的メモ11月)やみくもな脱原発に関して

[ 2012/12/01 (土) ]
関連情報をツイートでメモしたりお気に入り登録していましたが、それらをブログに移植しておきます。
ご覧のとおり少々偏ったピックアップです。
[ 2012/12/01(土) ] カテゴリ: 闇雲な脱原発に関するメモ | CM(0)

燃料集合体および燃料棒、燃料ペレットなど

[ 2012/11/26 (月) ]
 3つ前のエントリーで、ドライキャスク(金属キャスクやコンクリートキャスク)には“燃料集合体”の単位で、中間貯蔵(一時保管)することがわかりました。(燃料プールのなかで、“燃料集合体”をキャスクに装荷する。)
 “燃料集合体”などに関する情報とちょっとした豆知識をまとめておきます。
なお、直接処分の場合も同様に“燃料集合体”の単位です。

燃料集合体
[ 2012/11/26(月) ] カテゴリ: 再処理~最終処分に関する | CM(0)

ドライキャスク(乾式容器)貯蔵とは、実績なども含めて

[ 2012/11/12 (月) ]
 原発の使用済核燃料の中間貯蔵(一時保管)の手段として、ドライキャスクという設備が良く出て来るので、勉強しておきます。
 色々な資料から、ピックアップしたものです。

使用済燃料の中間貯蔵すなわち一時保管
[ 2012/11/12(月) ] カテゴリ: 再処理~最終処分に関する | CM(0)

(個人的メモ10月)やみくもな脱原発に関して

[ 2012/11/01 (木) ]
関連情報をツイートでメモしたりお気に入り登録していましたが、それらをブログに移植しておきます。
ご覧のとおり少々偏ったピックアップです。
[ 2012/11/01(木) ] カテゴリ: 闇雲な脱原発に関するメモ | CM(4)

(個人的メモ6~9月)やみくもな脱原発に関して

[ 2012/10/01 (月) ]
関連情報をツイートでメモしたりお気に入り登録していましたが、それらをブログに移植しておきます。
ご覧のとおり偏った論説です。
[ 2012/10/01(月) ] カテゴリ: 闇雲な脱原発に関するメモ | CM(0)

(首相官邸前、代々木公園)大飯原発の再稼働に反対するデモのあれこれ

[ 2012/06/26 (火) ]
 6月22日に首相官邸前で行われた関西電力大飯原発(福井県)の再稼働に反対するデモ。
 このデモについて、なるほど、面白いと思った情報をツイートやお気に入り登録していましたが、それらをブログに移植しておきます。

参加者人数について
[ 2012/06/26(火) ] カテゴリ: 闇雲な脱原発に関するメモ | CM(2)

岩谷産業の意見広告とネットでの反応

[ 2012/06/08 (金) ]
 6月6日の読売新聞 関西版に岩谷産業が『電力危機が招く経済的、社会的影響は深刻です』という意見広告(一面広告)を出しました。ネット上では、様々な意見があるようですので、関連情報を含めてアーカイブします。

岩谷産業の意見広告
[ 2012/06/08(金) ] カテゴリ: 闇雲な脱原発に関するメモ | CM(0)

IAEAに追加報告した“28の教訓”への対応、取り組み姿勢の後退も?

[ 2011/09/14 (水) ]
 9月11日、政府はIAEAへの2回目の報告書をまとめた。

【経緯】
 6月7日 政府の原子力災害対策本部が、福島原発事故の報告書をまとめ、国際原子力機関(IAEA)に報告した。 当ブログでは『28項目の事故の教訓』に注目した。(既エントリー

 その時点で、大きな問題点が三つあった。
1.この報告書自体の確からしさ、の検証が必要である。本来は「事故調査・検証委員会」できちんと原因を分析しないと“教訓”など出てこない筈のものだ。
2.事故原因を「地震による大きな損壊は確認されていない」としている為、耐震性・耐震基準に関する項目がない。ほんとにそうか?
3.設置から40年以上経過した原子炉本体の老朽化、設計の古さに関する項目がない。

【今回の内容について】
 今回の2回目の報告のⅥ.教訓(28項目)への取組みを見ると、上記の問題点を残したまま対応を進めている結果として、“本質から外れた単なる応急対策の中間報告”としか見ることができないレベルのものだ。 下記リストでそれが良く判る。 IAEAの総会で説明するとの事だが、恥ずかしい内容だと思う。 “教訓”などではなく“応急対策です”とはっきり言った方が良い。

 “項目”と“内容”の下の幅広スペースへの記載が、“今回の報告内容”すなわち“対応状況”である。“内容”の部分は初回報告の抜粋であるが、“今回の報告内容”でズレが生じている部分もあり、取り組み姿勢の後退も感じる。(下の方に記述)
[ 2011/09/14(水) ] カテゴリ: 原発に直接に関する事 | CM(0)

【原子力ムラ05】高い電気料金、主犯は経産省と“いびつな電力事情”、劣化のひどい読売新聞

[ 2011/09/08 (木) ]
 電気料金に関する記事2つから始めて、“いびつな電力事情”、“劣化のひどい読売新聞”について。

1.毎日jp 9/7 東京電力:経営調査委、料金構造の見直し表明「コストに無駄」

【全文引用】
[ 2011/09/08(木) ] カテゴリ: 東電問題,原子力ムラに関す | CM(2)

【原子力ムラ04】東電による日本支配の構造(金額的データ)

[ 2011/08/19 (金) ]
“原子力ムラ”の実態についての既エントリー【原子力ムラ02】東電による日本支配の構造を補足する資料として、金額的データをピックアップしました。宜しければ、このエントリーと同時に並べて読み返して頂くと実態が良く判ると思います。

1.政治家との関係電力各社役員からの政治献金
 詳細は、「yko1998のブログ」の7月24日のエントリー電力各社役員 個人寄付35年前から 自民に横並び 企業献金の廃止直後に東京新聞の記事が紹介されている。
(こういう記事は、“原子力ムラの呪縛”からフリーな東京新聞ならでは、ですね。)
 概略の情報は、7/23共同通信自民個人献金、72%が電力業界 09年、役員の90%超
(追記)
 こちらのブログにも詳細がありました。「Everyone says I love you !」の7/30のエントリー 保安院のやらせを産んだ原発推進利権 自民党・経産省・財界・マスメディア・自治体の癒着の構造
  
2.省庁との関係:国の巨額の原子力関連予算
[ 2011/08/19(金) ] カテゴリ: 東電問題,原子力ムラに関す | CM(0)

新聞の論調、大手メディアの劣化、東電に加担する記者クラブ

[ 2011/07/23 (土) ]
タイトルに関連する4点の記事をピックアップした。

1.新s あらたにす7月20日の新聞案内人 ストレステストを機能させるには 竹森俊平 慶應義塾大学教授

【(見出しからは外れる内容となるが)一部のみ抜粋】
[ 2011/07/23(土) ] カテゴリ: 東電問題,原子力ムラに関す | CM(0)

米国の原発の安全基準見直しの動き、安全とコスト、日本の場合は?

[ 2011/07/20 (水) ]
最近の動きを二つアーカイブ。時系列では2.1.

1.ウォール・ストリート・ジャーナル 7月18日 米国原発の安全性向上、早期実現を求める=ヤツコNRC委員長

【全文引用】
[ 2011/07/20(水) ] カテゴリ: 原発に直接に関する事 | CM(0)

米国における、NRCの権限、フクシマ後の原発の状況、使用済み核燃料処分場計画の現状

[ 2011/07/13 (水) ]
米国における、NRCの権限、フクシマ後の原発の状況、使用済み核燃料処分場計画の現状、の概要が簡潔に判る記事なので紹介する。
ウォール・ストリート・ジャーナル 7月11日 【現地記者に聞く】大統領しのぐ米NRCの権限―原発危機管理体制の日米比較

【ほぼ全文引用】
[ 2011/07/13(水) ] カテゴリ: 原発に直接に関する事 | CM(0)

ストレステスト、EUとアメリカと日本の違い

[ 2011/07/09 (土) ]
 菅首相の“思いつき”、“唐突”、“丸投げ” 、“延命第一”、“ポピュリズム”、“パフォーマンスだけ”、“スローガンだけ”、“迷走”の政策運営にはコメントのしようがない。( を噛み殺して冷静に、以下に進める)
 “菅直人という危機”問題は別にして、ストレステストが実行される事になったのは良かった。(停止原発の再稼働とは切り離すのがベストだったと思うが)
 今後、『ストレステスト』の内容やスケジュールが明らかになってくるのだろうが、比較の対象となるであろうEUの情報を拾ってみた。
[ 2011/07/09(土) ] カテゴリ: 原発に直接に関する事 | CM(0)

日弁連 福島第一原子力発電所事故による損害賠償の枠組みについての意見書

[ 2011/06/30 (木) ]
日弁連が6月20日に「福島第一原子力発電所事故による損害賠償の枠組みについての意見書」を内閣総理大臣及び経済産業大臣に対し提出している。

【つぶやき】
 今までに本ブログで紹介してきた東電の破綻処理・賠償スキームの意見・情報とほとんど同じ論調であり、全文もっともだ。
 この事がほとんど報道されていないのは、何故なんだろう? “原子力ムラ”の呪縛か?(産経の原発事故損賠、日弁連が意見書「送配電網の国有化を」 だけの様である)


【全文引用】
[ 2011/06/30(木) ] カテゴリ: 東電問題,原子力ムラに関す | CM(0)

【原子力ムラ03】民主党のバックに原発推進団体「電力総連」、東京新聞「こちら特報部」が裏側に迫る

[ 2011/06/26 (日) ]
http://news.livedoor.com/article/detail/5644477/
表題はBLOGOS 6月18日 記事の見出しである。(少し定義の広い)原子力ムラ関連としてピックアップした。

【要約】
[ 2011/06/26(日) ] カテゴリ: 東電問題,原子力ムラに関す | CM(0)

日経『大機小機』「東電問題への対応」

[ 2011/06/24 (金) ]
植草一秀さんのブログ 植草一秀の『知られざる真実』 の6月20日のエントリー 日経『大機小機』「東電問題への対応」の正論 に、日本経済新聞が6月17日のコラム大機小機で(従来の主張とはまったく異なる)東電破綻処理の正論を整然と示した、と紹介している。

【一部引用】
[ 2011/06/24(金) ] カテゴリ: 東電問題,原子力ムラに関す | CM(0)

古賀茂明レポート(後半)発送電分離の具体的なシナリオ

[ 2011/06/22 (水) ]
すでに紹介した5月11日 現代ビジネス 現職経産官僚が緊急提言 古賀茂明「東電破綻処理と日本の電力産業の再生のシナリオ」から、発送電分離の具体的なシナリオの部分を引用する。

 古賀茂明さんのレポート全体は14ページに及ぶもので、
東電の破綻処理→(東電による日本支配の構造)→新東電の再生→発送電分離
と進む大きなシナリオである。

前半:東電の破綻処理からの続き)

【部分的に引用】
[ 2011/06/22(水) ] カテゴリ: 東電問題,原子力ムラに関す | CM(0)

古賀茂明レポート(前半)東電の破綻処理

[ 2011/06/21 (火) ]
すでに紹介した5月11日 現代ビジネス 現職経産官僚が緊急提言 古賀茂明「東電破綻処理と日本の電力産業の再生のシナリオ」から、東電の破綻処理の部分を引用する。一カ月以上前に書かれたものだが、現在の状況でも、提言として充分有効だ。

 古賀茂明さんのレポート全体は14ページに及ぶもので、
東電の破綻処理→(東電による日本支配の構造)→新東電の再生→発送電分離
と進む大きなシナリオである。
 実は、発送電分離だけを引用しようと思ったのだが、全体の流れも重要なので、前半の東電の破綻処理を“超要約”して記載した次第。(かなり乱暴な“要約”である事をお許し願いたい)
 また、(東電による日本支配の構造)の部分は、すでに単独エントリーとして投稿済みである。

【部分的に引用】
[ 2011/06/21(火) ] カテゴリ: 東電問題,原子力ムラに関す | CM(0)

【原子力ムラ02】東電による日本支配の構造

[ 2011/06/20 (月) ]
 このエントリーの金額的な補足として、【原子力ムラ04】東電による日本支配の構造(金額的データ)があります。宜しければ、このエントリーと同時に並べて読んで頂くと実態が良く判ると思います。2011/8/19 追記


 すでにエントリーで紹介した5月11日 現代ビジネス 現職経産官僚が緊急提言 古賀茂明「東電破綻処理と日本の電力産業の再生のシナリオ」から、(少し定義の広い)原子力ムラ関連を引用する。現役の経産官僚のレポート故に、東電の支配力の強さが簡潔に良く判る。一部については、今後の対応を提言している。

【部分的に引用】
[ 2011/06/20(月) ] カテゴリ: 東電問題,原子力ムラに関す | CM(0)
このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索