ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブとして整理すると同時に、徒然につぶやいています。 リンクはご自由に。

9.3トンの分離プルトニウム保有、核不拡散問題

[ 2012/12/14 (金) ]
 将来的に原発をどうするか?、再処理・プルサーマル・高速増殖炉をどうするか?などに絡んで、表記の問題があります。基礎的な情報をまとめておきます。
 11月12日のドライキャスクから始まり、知りたがりの虫が騒ぐままに調べてきたエントリーの最後ですが、チョットしたシリーズになりました。(下のほうに関連エントリーリストがあります。また、カテゴリーも新設しました。)

1.プルトニウムについて基本的なこと

日本および各国のプルトニウム保有量
[ 2012/12/14(金) ] カテゴリ: 再処理~最終処分に関する | CM(0)

使用済み燃料の“再処理”と“直接処分”の比較など

[ 2012/12/10 (月) ]
使用済み燃料の“直接処分”について、よく耳にするようになった気がします。
“再処理”と“直接処分”の比較などの基本的なところを纏めておきます。

1.使用済み燃料の取扱いは2通りあります。現在の日本の計画は“再処理”です

直接処分とは
[ 2012/12/10(月) ] カテゴリ: 再処理~最終処分に関する | CM(0)

燃料集合体および燃料棒、燃料ペレットなど

[ 2012/11/26 (月) ]
 3つ前のエントリーで、ドライキャスク(金属キャスクやコンクリートキャスク)には“燃料集合体”の単位で、中間貯蔵(一時保管)することがわかりました。(燃料プールのなかで、“燃料集合体”をキャスクに装荷する。)
 “燃料集合体”などに関する情報とちょっとした豆知識をまとめておきます。
なお、直接処分の場合も同様に“燃料集合体”の単位です。

燃料集合体
[ 2012/11/26(月) ] カテゴリ: 再処理~最終処分に関する | CM(0)

ドライキャスク(乾式容器)貯蔵とは、実績なども含めて

[ 2012/11/12 (月) ]
 原発の使用済核燃料の中間貯蔵(一時保管)の手段として、ドライキャスクという設備が良く出て来るので、勉強しておきます。
 色々な資料から、ピックアップしたものです。

使用済燃料の中間貯蔵すなわち一時保管
[ 2012/11/12(月) ] カテゴリ: 再処理~最終処分に関する | CM(0)

高速増殖炉の原理、歴史、現状、再処理工場

[ 2011/06/15 (水) ]
部分的に最新情報に改定・追記。2016/12/12
(上記までの追記記録は割愛)
初回公開日:2011/06/15


 以前、原発の歴史を調べていて意外だったのは、軽水炉(通常の原子炉)よりも高速増殖炉の方が開発の歴史は早くて、世界初の原子力発電は、1951年の米国の高速増殖実験炉(EBR-I)だ。高速増殖炉(Fast Breeder Reactor:FBR)
 ところが、その後の高速増殖炉開発の歴史は事故の歴史であり、実用化は遅々として進まず、後から開発された軽水炉が主流となり、結局、日本以外の主要先進国はすべて増殖炉開発に見切りをつけて中止した。ロシアや中国が開発に積極的である。
【追記】
 2014年に改定された現行のエネルギー基本計画では増殖の2文字が消えて高速炉となった。目的は
  ①使用済み核燃料の再処理で回収したプルトニウムの利用
  ②放射性廃棄物の減容化・有害度低減 に変わった。
 2016/12/21 政府は日本原子力研究開発機構の高速増殖炉「もんじゅ」の廃炉を正式に決定した。

1.原理
[ 2011/06/15(水) ] カテゴリ: 再処理~最終処分に関する | CM(0)

プルサーマルの経緯、現状、MOX燃料とは

[ 2011/06/14 (火) ]
1.Newton最新号に、プルサーマルに関する記事があったので、まとめておく。

 使用済み燃料の取扱いは2通り。
●そのまま放射性廃棄物として、将来、埋設処分する方法(直接処分)と、
●再処理によって使用済み燃料に含まれているプルトニウムとウランを抽出してMOX燃料として使用(核燃料サイクル)
である。日本の計画は後者だ。

 軽水炉(現状の原子炉)でMOX燃料(混合酸化物燃料)を使う事を『プルサーマル』と呼ぶ。
 すでに、4基の原発で開始されている。
[ 2011/06/14(火) ] カテゴリ: 再処理~最終処分に関する | CM(0)

(自分用メモ)高速増殖炉の原理、歴史、現状、再処理工場

[ 2011/06/01 (水) ]
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[ 2011/06/01(水) ] カテゴリ: 再処理~最終処分に関する | CM(-)
このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索