ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブとして整理すると同時に、徒然につぶやいています。 リンクはご自由に。

チェルノブイリの汚染区域(区域規制基準)、移住、除染など

[ 2012/09/04 (火) ]
 チェルノブイリの汚染区域(区域規制基準)などについては、いくつかのエントリーに記載してますが、新たに中西準子さんの報告(下記の資料ナ1)からの情報を追記して、纏め直しておきます。

 出典は以下の資料です。

 ●資料01: (JRIA翻訳版)「ICRP Publication 111 原子力事故又は放射線緊急事態後における長期汚染地域に居住する人々の防護に対する委員会勧告の適用
 ●資料02:「アゴラGEPR」2012/1/25チェルノブイリ、ロシア政府最新報告書(2011年)の紹介—社会混乱への警戒が必要

今中哲二 京大准教授の文献】
 ●資料イ1ベラルーシにおける法的取り組みと影響研究の概要
 ●資料イ2チェルノブイリ原発事故から11年
 ●資料イ3チェルノブイリ20年:事故の経過、汚染、被曝、影響(今中哲二)

【産業技術総合研究所 中西準子さんの報告】
 ●資料ナ1:雑感605-2012.8.28 「チェルノブイリ訪問(3)-移住か除染か-」および
雑感606-2012.9.3 「チェルノブイリの移住基準は、外部被ばく線量5 mSv/年ではない -チェルノブイリ訪問(4)-」

ベラルーシの区域規制基準、移住、除染など
[ 2012/09/04(火) ] カテゴリ: チェルノブイリとの比較 | CM(0)

福島とチェルノブイリの大気放出量の比較、被ばく量の現状ほか

[ 2012/07/01 (日) ]
片瀬久美子さんが次の記事を纏めておられます。
●warblerの日記 2012/6/30 福島の原発事故と、チェルノブイリの原発事故の被ばく量などの比較-福島の現状について
引用させて戴くと共に、自分なりの理解のため、データを追加したり2次的に加工したグラフを作成しました。

1.事故で大気中に放出された放射性物質とその量(チェルノブイリ事故、原子爆弾との比較)
[ 2012/07/01(日) ] カテゴリ: チェルノブイリとの比較 | CM(4)

「チェルノブイリの健康被害 25年の記録」の問題点とドイツの実態など

[ 2012/05/17 (木) ]
[togetter]●ドイツ放射線防護協会発行の「チェルノブイリの健康被害 25年の記録」(by leaf_parsleyさん)
を読んで、有効な情報が多く得るところが大きかったので、アーカイブします。
 togetterを材料にしてエントリーを書くのは、屋上屋を重ねる感がありますが、個人的な情報アーカイブとしてご容赦を。

[まとめ欄]から「チェルノブイリの健康被害 25年の記録」の問題点
[ 2012/05/17(木) ] カテゴリ: チェルノブイリとの比較 | CM(0)

ICRP111から過去に学ぶ、あらためてチェルノブイリのこと

[ 2012/04/01 (日) ]
 最新追記があります。2012/4/16


2012/3/28に下記の冊子が発行されました

ICRP111から考えた事
Introduction to ICRP Publ. 111
福島で「現存被曝状況」を生きる


[著者]
高井先生 @J_Tphoto
生徒会長 @buvery

 この冊子の本論は副題のとおり“事故収束時の考え方の基本”であり、個人的には超お勧めです。
 なお、発行の経緯や趣旨は、「編集メモ」(4~7ページ)に記載されています。
 208ページ構成ですが、本論の部分は冒頭の図表の数ページに凝縮されているのでそこだけでも勉強になりました。
 その中から、一つだけ図を引用します。
平時と事故時
[ 2012/04/01(日) ] カテゴリ: チェルノブイリとの比較 | CM(6)

チェルノブイリ25年、放射線より社会的・経済的影響の方が大きな被害

[ 2012/03/18 (日) ]
 少々鮮度の落ちる情報ですが、『非常時に平時の目安に固執すると逆に健康被害を含め様々な障害が出る』ことの実例として重要な情報なので、アーカイブします。
 
 関連情報として、
 現在のベラルーシの農業復興の様子(3項)
 松田裕之教授の論説 2012/3/4(4項)
もアーカイブしました。 

【資料A】「アゴラ」2012/1/25【GEPR】チェルノブイリ、ロシア政府最新報告書(2011年)の紹介—社会混乱への警戒が必要

【資料B】「Newsweek」2012/1/5 チェルノブイリ原発事故で最大の被害をもたらしたのは放射能ではない 池田信夫

1.【資料A】【資料B】から部分的に引用(一部追記)
[ 2012/03/18(日) ] カテゴリ: チェルノブイリとの比較 | CM(2)
このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索