ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブとして整理すると同時に、徒然につぶやいています。 リンクはご自由に。
カテゴリー  [ 基準値,規制値,測定値な ]

避難指示解除準備区域、居住制限区域、帰還困難区域に関する区分マップ(地図)など

[ 2016/11/18 (金) ]
【追記記録とベースの経産省発表リンク】
●2016/10/28付け川俣町における避難指示区域の解除について←2016/11/18追記
●2016/6/17付け飯舘村における避難指示区域の解除について
●2016/5/31付け葛尾村・川内村・南相馬市における避難指示区域の解除について
●2015/8/7付け楢葉町における避難指示区域の解除について
●2014/12/24付け南相馬市における特定避難勧奨地点の解除について
●2014/9/12付け川内村における避難指示区域の解除等について
●2014/3/10付け田村市における避難指示区域の解除について
●2014/2/10付け避難指示区域の概念図と各区域の人口及び世帯数(H25年12月末)
●2013/9/11付け避難指示区域の概念図と各区域の人口及び世帯数ほか
●2013/8/7付け川俣町における避難指示区域の見直しについて 
●2013/5/7付け双葉町における避難指示区域及び警戒区域の見直しについて
●2013/3/7付け葛尾村、富岡町及び浪江町等の避難指示区域及び警戒区域の見直しに
●2012/12/14付け伊達市における特定避難勧奨地点の解除についておよび川内村における特定避難勧奨地点の解除について
●2012/11/30付け大熊町における避難指示区域及び警戒区域の見直しについて
●2012/7/31付け楢葉町等における避難指示区域及び警戒区域の見直しについて
●2012/6/15付け飯舘村における計画的避難区域の見直しについて
初回公開日:2012/04/02、2012/3/30付け警戒区域、避難指示区域等の見直しについ


 あらたに、避難指示解除準備区域、居住制限区域、帰還困難区域が運用されました。
ただし、地元との協議・合意が得られていない地域もあるので、警戒区域、計画的避難区域も残っています。区分地図
 警戒区域は海域を含めてなくなりました。計画的避難区域がが残っているのは川俣町だけになりました。計画的避難区域もなくなりました。残っているのは南相馬市の特定避難勧奨地点だけです。特定避難勧奨地点もなくなりました(2014/12/28)。
 従来の区域情報などを含め、アーカイブします。
 出典は上記の経産省HPですが、以下の各個別資料にもリンクを記載しています。
 【追記】
 避難指示区域が設定された福島県の11市町村のうち、2014年4月に初めて、田村市が解除され、その後も少しずつ解除が進みだしました。

目次
[ 2016/11/18(金) ] カテゴリ: 基準値,規制値,測定値な | CM(10)

(リンク)福島の高校生の外部被ばく比較英文論文が英国の学術誌に掲載

[ 2015/12/09 (水) ]
他のカテゴリーに掲載していますので、記事へのリンクのみを記載。
[ 2015/12/09(水) ] カテゴリ: 基準値,規制値,測定値な | CM(0)

一日にセシウムを何ベクレルを摂取しているか?陰膳調査から

[ 2014/08/21 (木) ]
県5の中央値を訂正しました。申し訳ございません。2014/8/24
福島県の最新報告(県5)を追記してデータ更新。2014/8/21
(上記までの追記・更新記録は割愛。)
初回公開日:2013/09/22


規模の大きい陰膳調査*が継続されていますので、時系列で纏めておきます。それによると当初の2011年12月以来、食品や飲料による内部被ばくは極めて少ないことが判ります。
*陰膳調査とは家族人数より1人分余計に食事を作り、それを測定するもの。(間食や飲料なども含む)

目次  (ページ内リンクが付いています)
[ 2014/08/21(木) ] カテゴリ: 基準値,規制値,測定値な | CM(6)

(メモ)まだやっかいな放射線:2 年半が経って汚染と被曝はどうなっているか

[ 2013/10/03 (木) ]
リンクのみのエントリーです。
[ 2013/10/03(木) ] カテゴリ: 基準値,規制値,測定値な | CM(2)

ホールボディーカウンター~調べてわかった被ばくの現状 坪倉正治×斗ヶ沢秀俊×早野龍五

[ 2012/10/19 (金) ]
表記は、SYNODOS JOURNAL(シノドスジャーナル)2012/10/12 の記事のタイトルです。

つぶやき

 7月21・28日に放送されたラジオ福島特別番組「ホールボディーカウンター~調べてわかった被ばくの現状」の書き起こしのようですが、被ばくの現状、それが少ないことが、易しく書いてあるいい読み物だと思いますのでアーカイブしておきます。
 坪倉正治先生、斗ヶ沢秀俊さん、早野龍五先生、の日頃の活動には、頭がさがります。


以下、ポイント(と思われる)のみ、部分的に引用しておきます。
 部分的と言っても、全体の5割くらいの引用ですが、、、

福島県民は絶えず「放射線への不安」を抱えながら生きてゆくことを余儀なくされました。そして、事故から1年4ヵ月。様々な調査がなされ、少しずつ被ばくの現状が見えてきました。データから読み解く被ばくの現状と福島で暮らす上でのヒントや注意点などを、3人のスペシャリストに伺いました。
[ 2012/10/19(金) ] カテゴリ: 基準値,規制値,測定値な | CM(0)

除染特別地域、除染実施区域、汚染状況重点調査地域、様々な問題も

[ 2012/07/09 (月) ]
 いまさらの情報ですが、タイトルに関連する情報をまとめてアーカイブしておきます。
 基本は放射性物質汚染対処特別措置法(2011年11月11日制定)に基づくものです。
 実行していく中で、問題も色々でているようです。

区域・地域の定義、地図
出典:環境省HP

除染特別地域(国が除染を実施する地域)

(積算線量の目安:年間20mSv以上)
[ 2012/07/09(月) ] カテゴリ: 基準値,規制値,測定値な | CM(0)

(メモ書き)ICRP111の考え方と現状の日本の基準の整理、ICRP60:1mSvの被曝基準は受容性

[ 2012/04/22 (日) ]
『田崎先生の“ICRPとの付き合い方”』を追記しました。2012/9/9


 このエントリーは考えの整理のための個人的メモです。少々、細かい話です。 放射能

ICRP Publ. 111 の考え方
[ 2012/04/22(日) ] カテゴリ: 基準値,規制値,測定値な | CM(0)

いい仕事と悪い仕事(放射線測定や報道)

[ 2012/02/03 (金) ]
 追記しました。2012/3/28


 このところ、少々重たいエントリーが多かったのですが、一瀬昌嗣先生のツイッターで紹介戴いたり、bloom先生にコメント戴いたのは嬉しい事でした。
 今回は軽め?のアーカイブです。

 内容は
 【良い仕事として】
1.早野先生の2/1のツイッター発信 福島市民測定所のAT1316
2.コープふくしまでは組合員さんの協力を得て、陰膳方式により実際の食事に含まれる放射性物質測定を進めています
3-1.朝日1/19 福島の食事、1日4Bq被曝、国基準の40分の1

【追記】
3-2.「日本生活協同組合連合会」2012/3/27家庭の食事からの放射性物質摂取量調査結果について。不検出が全体の95%。

 【悪い仕事として】
4.東京新聞・中日新聞 1/21「見切り発車」の災害がれき処理
5.毎日新聞 1月18日 社説:放射能汚染石材 使用の実態解明を急げ

(1項以外は、少々鮮度の悪い情報や既エントリーに追記済みなどもありますが、個人的な情報整理ですのでご容赦ください。)
[ 2012/02/03(金) ] カテゴリ: 基準値,規制値,測定値な | CM(0)

新基準値どおりに汚染された食品を摂取した場合、一日に何ベクレルか?

[ 2012/01/14 (土) ]
 食品のセシウムの新基準値の資料に、新基準値の食品を摂取し続けた場合の被ばく線量が年齢層ごとに示されていた。*1既エントリーに掲載
 では、この場合、一日に何ベクレルを摂取する事になっているのか?計算してみる。
 まあ、数字のお遊びです。
[ 2012/01/14(土) ] カテゴリ: 基準値,規制値,測定値な | CM(0)

放射線線量計あれこれ(測定器種類・検出下限値・測定(計測)時間など)

[ 2012/01/01 (日) ]
最新追記があります。2012/11/21


 色々なサイトからの情報です。(気が付いた時にメモしたのが、溜まったので)
 ガイガーカウンターNaI(Tl)シンチレーションスペクトロメータNaI(Tl)シンチレーションサーベイメータの検出下限値・測定時間、ゲルマニウム半導体検出器の検出下限値・測定時間、などの概略情報ですが、食品の放射能測定などについて結構なまとまり情報になりました。
[ 2012/01/01(日) ] カテゴリ: 基準値,規制値,測定値な | CM(0)

食品の基準値に関するリンク集、外国の基準値

[ 2011/12/28 (水) ]
基準値を一覧表に纏めているサイトなどにリンクさせて頂きます
[ 2011/12/28(水) ] カテゴリ: 基準値,規制値,測定値な | CM(0)

食品の放射性物質(セシウム)の新基準、詳細な考え方を確認してみた

[ 2011/12/28 (水) ]
 食品のセシウムの新基準値をどの様に出したのか?考え方が重要なので算出方法の詳細を確認してみた。放射能放射線
 被ばく量は、セシウム(Cs137、Cs134)を含めて8種類の核種を計算しているので、少々、複雑だが、基本的なところを纏めた。
 全般の出典は薬事・食品衛生審議会食品衛生分科会放射性物質対策部会資料(12/22)である。
[ 2011/12/28(水) ] カテゴリ: 基準値,規制値,測定値な | CM(0)

チキンレースの様相 食品小売の放射能対策 独自対応に疲弊する関係者(後篇)

[ 2011/12/13 (火) ]
前篇からの続き

 「WEDGE Infinity(ウェッジ・インフィニティ)」12/13 小比良和威さんによる解説です。(後編)
[ 2011/12/13(火) ] カテゴリ: 基準値,規制値,測定値な | CM(0)

食品の過剰な放射能検査で別のリスクも? 独自対応に疲弊する関係者(前篇)

[ 2011/12/13 (火) ]
 「WEDGE Infinity(ウェッジ・インフィニティ)」12/12 小比良和威さんによる解説です。(前篇)

【前つぶやき】
 食品の放射性物質(放射能)の現状について、全体を俯瞰的に解説し、今、何が問題なのか?を指摘したものです。この様な情報はあまり目にしないので、アーカイブしました。

[ 2011/12/13(火) ] カテゴリ: 基準値,規制値,測定値な | CM(0)

イオンさん、グリーンピースに褒められて嬉しいですか?IEONの大失策

[ 2011/11/23 (水) ]
 ブログ主も、イオンのこの方針を聞いて、“猛烈な違和感”、“怒り”を感じていましたが、松永和紀さんが的確な発信をしてくれました。関連情報2点を含めてアーカイブします。

【引用元】
FOOCOM.NET 11/23 イオンさん、グリーンピースに褒められて嬉しいですか? 松永和紀
[ 2011/11/23(水) ] カテゴリ: 基準値,規制値,測定値な | CM(0)

福島原発周辺住民の内部被曝量は限度をはるか下回る(京大論文の抜粋)

[ 2011/11/17 (木) ]
朝日新聞11/16では福島原発周辺住民、内部被曝量は限度以下 京大など調査
日経11/16では福島在住成人の内部被曝「気にする水準でない」京大が調査

 福島第一原発周辺の住民食事や呼吸による内部被ばく量がどれくらいになるかを京都大などのグループが調べた結果、最大に見積もって計0.16mSv/年で、年間線量限度1mSv/年をはるかに下回った。内部被ばくの危険性が低い事を科学的に検証した調査結果である。

 元になる京大の論文は福島県成人住民の放射性セシウムへの経口、吸入曝露の予備的評価

さて、新聞記事は簡潔すぎるし、論文を読むのはチョット手ごわい。
勉強がてら、論文から抜粋してその中間の情報に仕立ててみます。
[ 2011/11/17(木) ] カテゴリ: 基準値,規制値,測定値な | CM(0)

放射線量等分布マップ(テルル129m、銀110mの土壌濃度マップ)100キロ圏内

[ 2011/11/03 (木) ]
 文部科学省から10/31に発表された100キロ圏内放射線量等分布マップ(テルル129m、銀110mの土壌濃度マップ)をアーカイブし、少しまとめます。

 発表済みのセシウムとの比較で表にまとめました。
 結論は、最高値および50年間積算実効線量ともセシウムに比べて1桁から3桁少ない、という事です。
[ 2011/11/03(木) ] カテゴリ: 基準値,規制値,測定値な | CM(0)

福島80キロ圏内の河川水・井戸水の放射性物質の測定結果

[ 2011/10/26 (水) ]
 文科省から10/20に河川水・井戸水の放射性物質の測定結果(汚染状況)が発表されています。
●放射性物質の分布状況等に関する調査研究(河川水・井戸水における放射性物質の移行調査)の結果について
 結果は、“飲用基準(セシウム200ベクレル)と比べると非常に小さい”という事ですが、データと評価結果の要約をまとめておきます。
[ 2011/10/26(水) ] カテゴリ: 基準値,規制値,測定値な | CM(0)

プルトニウムとストロンチウムを検出(80 ㎞圏内)

[ 2011/10/02 (日) ]
 文部科学省から9/30に発表された資料と関連記事をアーカイブします。

1.朝日新聞 9/30 ストロンチウム、最大で事故前の6倍検出 文科省調査
 東京電力福島第一原発の事故で放出されたストロンチウムとプルトニウムについて、文部科学省は30日、周辺の土壌の汚染マップを初めて公表した。ストロンチウムの沈着量は原発の20キロ圏内と北西で高い傾向だった。過去の大気圏内核実験で国内に降りそそいだ放射性物質の測定の最大値の6倍のところもあった。事故によるプルトニウムも原発の敷地外で初めて検出したという。
 調査は6月から約1カ月間、福島第一原発から100キロ圏内で土壌を採取。福島県内と県境の他県の市町村(59カ所)原発周辺(41カ所)計100カ所で、両物質の1平方メートルあたりの核種の量を分析。1980年代までの大気圏内核実験で日本に降った放射性物質の量と比べた。
[ 2011/10/02(日) ] カテゴリ: 基準値,規制値,測定値な | CM(0)
このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索