ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブしたり、医学分野の素人勉強をノートしたり、です。 リンクはご自由に。

(メモ)原子力災害に伴うデマなどの社会現象を俯瞰する論説

[ 2016/09/17 (土) ]
追記しました。2016/9/17
(上記までの追記・更新記録は割愛)
初回公開日:2015/12/28


2015年の年末以降、福島第一原発災害に伴うデマの分析など、社会現象全体を俯瞰する論説が増えてきました気がします。
自分用のアーカイブです。

目次

新しい順です
15. 林智裕氏の『あなたの思う福島はどんな福島ですか?―ニセ科学とデマの検証に向けて』 2016/9/16 【追記】
14. 松永和紀氏の『両論併記の罪~東日本大震災5年に思う』 2016/3/11
13. 石井孝明氏の『福島デマ拡散者は何をしたか』 2016/3/11
12. 原発事故のデマや誤解を考える 菊池誠×小峰公子+林智裕氏 2016/2/29
11. 産経の連載 被曝リスクを検証する(上、中、下) 2016/2/22
10. 越智小枝氏によるIEEI(国際環境経済研究所)での連載 2016/2/19
9. 福島民友新聞社 みんゆうNet “ゆがみの構図” 2016/02/14
8. ふくしまの声(読むふくしま会議)での林智裕氏による連載 2016/2/13
7. モーリー・ロバートソン氏の『左派運動はなぜ力を持たなかったか?~ 3.11以降の5年間を振り返る』 2015/12/31
6. 澤昭裕・2016年への提言(前・中・後篇) 福島のタブーに挑む 2015/12/28
5. 竜田一人×開沼博対談(1・2・3) 
4. STAP事件の悲劇から反原発運動の堕落まで連なる糸 (小野昌弘) 2015/12/25
3. 福島のエセ科学者による科学信仰の罪 『越智小枝』 2015/12/9
2. 被災地を搾取し被害を拡大してきた「フクシマ神話」―ニセ科学とデマの検証に向けて 林智裕 2015/11/30
1. 『月刊Wedge』 大江紀洋編集長

本文リンク(一部、小見出し的な引用)
[ 2016/09/17(土) ] カテゴリ: 総合的な事 | CM(0)

(メモ)『3・11甲状腺がん子ども基金』に関係している人たち

[ 2016/09/14 (水) ]
ブログ主にとって、素晴らしいネガティブなリストなので、検索用に。
(ネガティブなリストである理由は、本エントリーでは省略します。)

出典:3・11甲状腺がん子ども基金 組織概要(2016年9月14日現在)

“リンク表示”は当ブログ内検索の結果です。すなわち、今まで当ブログに登場した人たちですが、記憶もれがあるかも。
【追記】*太字は、『原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟(原自連)』のメンバー

●役員
代表理事:崎山比早子
副代表理事:*海渡雄一・武藤類子
理事:*河合弘之・満田夏花・吉田由布子
監事:坂本有希・福田建治

●3.11甲状腺がん子ども基金を支えてくださる方々
【特別顧問】
菅谷昭(松本市長、医師)
【顧問】
[ 2016/09/14(水) ] カテゴリ: デマ風評ゼロリスク不信専門家 | CM(0)

報道ステーションの甲状腺がん、ひどい偏向報道

[ 2014/03/29 (土) ]
追記しました。2014/3/31
2014/3/28発表の環境省の比較調査関連を追記。2014/3/29
(上記までの追記記録は割愛)
初回公開日:2014/03/13


2014/3/11の報道ステーション(古舘伊知郎)は甲状腺がんについてのひどい偏向報道で呆れてしまいます。
甲状腺がんに関する医学的な知見やチェルノブイリと福島の違いといった、すでにわかっている事実の重要性を無視したものですね。
この番組に関わった人達はこの3年間、いったい何をしていたんでしょうか?
何の目的でこのような報道をしたのでしょうか?
間違った正義感か?、脱原発か?、政府・行政への単純反発か?

報道をみて無用な不安を抱いてしまう人(特に子供さん)が多くなることに心を痛めます。
良識ある方々の発信をアーカイブします。
[ 2014/03/29(土) ] カテゴリ: デマ風評ゼロリスク不信専門家 | CM(4)

リスクに関連するメディアの特性についての“なるほど”

[ 2014/03/12 (水) ]
少し追記。2014/6/7
(上記までの追記記録は割愛)
初回公開日:2012/04/17マスコミ報道甲状腺がん放射能放射線


表題に関する論説をつまみ食い的に拾ってみました。

 最初は、科学技術に対する一般市民のリスク認知 2013/10/6 田中豊准教授(大阪学院大学)から
メディアの報道にバイアスが生じる原因

ある大手新聞の現役編集委員である小島(2008)*は、メディアの記者は、
(1)一般市民と同様の先入観やリスク認知を持っていること
(2)「危ないことを伝えるのが記者の正義だ」という基本的思考を持っていること
(3)当該のリスクに対する専門知識や、記事の裏付けが不足していること
(4)市民感情を大切にするあまり、読者からの期待に応える記事を書こうとすること
などをメディア記者の視点から率直に語っている。

*印は毎日新聞の小島正美記者ですね。次はその著書“誤解だらけの放射能ニュース”の紹介記事からの引用で、
ニュースの大きさを決める方程式
出典:「食の安全情報blog」2012/3/7 誤解だらけの放射能ニュース
[ 2014/03/12(水) ] カテゴリ: リスク認知など一般的な | CM(4)

(メモ)早川由起夫を初めとする各氏について

[ 2013/10/17 (木) ]
追記。2016/9/16 
上記までの追記記録は割愛
初回公開日:2013/10/17



放射線問題についてのtweetなどを観ていると、大学教授レベルの人達の中にも、おかしな人が結構いる事がわかりました。
それらに対する批判をアーカイブしました。(敬称略)

早川由起夫について

「むささびjournal」2014/3/9 4)唯一の被爆国」と放射能災害
山梨学院大学の小菅信子教授の著書「放射能とナショナリズム」を紹介している記事です。ごく一部のみ引用します。
[ 2013/10/17(木) ] カテゴリ: デマ風評ゼロリスク不信専門家 | CM(2)

きわめて主観的なメモ(信用する専門家、しない専門家)

[ 2011/11/27 (日) ]
 不定期に加筆しています。


 “低線量被ばくの影響(リスク)に対して科学が公式な結論を出せない”なかで、“専門家”が様々な発信をしています。(記者からの求めに応じた一言コメントを含めて)
 素人の私にとっては“専門家”の意見は大きなファクターですし、影響力のある“専門家”の発信は、食品などの個人の選択だけでなく、除染や瓦礫の処理など復興の道筋や姿にも影響を与える事になると思います。
 「現在の放射線レベルは怖がる必要がない」から「どんなに低線量でも危ない」まで180度違う発信があります。
 そのような中で、低線量被ばくの影響(リスク)で、誰を信頼するかと言う個人的判断軸ができて来ました。
 以下は、その“きわめて主観的なメモ”です。今までに接した限られた情報からの印象です。今後に得る情報によっては変わるかも知れません。
 (念のため)
 その専門家の放射線生物系の発信以外のファクターとは何ら関係しません
 “個々人が自分の責任と権限の範囲の中で、誰を信じるかは自由な選択”だと思います。

“放射線生物系の発信”について個人的に注意している事
 (A,B,C・・・は下表と対応している)。
[ 2011/11/27(日) ] カテゴリ: デマ風評ゼロリスク不信専門家 | CM(5)
このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索


FC2 Management