ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブとして整理すると同時に、徒然につぶやいています。 リンクはご自由に。

脳の全体構造、主要な部位

[ 2019/12/02 (月) ]
脳について、カテゴリを新設して、勉強したノートやトピックスを収納して行きます。ごく基礎的な部分だけですが。
まず第1弾として、あまりにも多種の部位名称が出てくるので、それらの位置と超概要的な機能、脳の全体構成についてのノートです。

目次

0.脳は大きく分けて4つの部位から構成
1.大脳
2.間脳
3.脳幹
4.小脳
5.主な参考資料
6.関連エントリー

0.脳は大きく分けて4つの部位から構成

生きている脳の色は、ピンクがかった灰白色。重さは体重の約2%、成人男性で約1.5kg、成人女性なら約1.2 kg。固めのゼリー状で、塩水のような脳脊髄液のうせきずいえきの中に浮かび、頭蓋骨によって保護されている。
脳脊髄液:脳を衝撃から守ると同時に、この塩水に似た液体中のイオンが脳の代謝に重要な役割を果たす。
4つの部位から構成される脳は、全身に張り巡らされた神経から情報を受け取り、逆に神経を介して全身に指令を伝える。
神経とは、体内で情報伝達を担う組織で、神経細胞でできている。

大脳 小脳 間脳 脳幹

1.大脳2.間脳3.脳幹4.小脳
大脳と延髄の間橋および延髄の後面
外側
大脳皮質
視床中脳
内側
大脳辺縁系
視床下部
大脳の奥、間脳の外側
大脳基底核
延髄
後に個別の説明があります。
[ 2019/12/02(月) ] カテゴリ: 脳の勉強ノート | CM(0)

【その2】FITの失敗をデータで確認、太陽光FITの費用対効果は?

[ 2019/11/28 (木) ]
データ更新。2019/11/28
(上記までの追記記録は割愛)
初回公開日:2018/08/27



希代の悪法:FIT(再生エネルギー特別措置法)が施行され7年経過した中で、メガソーラー(本稿での定義は10kW以上)に関する費用対効果を確認してみました。
結果として、メガソーラーの普及のために、私たちは2018年度までの累計で5.3兆円を余計な電気料金として負担してきており、普及促進と利用者負担のバランスを著しく欠いていると言わざるを得ません。

目次

1.まず、再エネ全体の発電量の実態をおさえておきます
2.FIT買取による再エネ導入の実態
3.FIT太陽光(10kW以上)買取価格の推移
4.実態として、今なお高額な太陽光買取価格
5.利用者負担として重要なデータは賦課金の額
6.まとめ:太陽光(10kW以上)の費用対効果は?
7.電気料金単価の賦課金比率の推移
8.第5次エネルギー基本計画に『2020年度末までの間に抜本的な見直し』と記載、総合資源エネルギー調査会等で具体案が検討中。
9.(参考)2030年エネルギーミックス
10.(参考)調達価格(買取価格)に関する最新資料
11.関連エントリー

1.まず、再エネ全体の発電量の実態をおさえておきます
[ 2019/11/28(木) ] カテゴリ: 日本のFITに関する事 | CM(0)

【基礎資料】エネルギーや発電などの図表集、データベース

[ 2019/11/24 (日) ]
2018年度エネルギー需給実績(速報)によりデータを一部更新。2019/11/24
(上記までの追記・更新記録は割愛) 日本
初回公開日:2013/3/21


ひたすら図表のみを集めました(一部は作成)。 解説などは少ないです。

目次 (ページ内リンクが付いています)
[ 2019/11/24(日) ] カテゴリ: エネルギー基礎資料 | CM(0)

【後編】発泡酒、第3のビール、その歴史や製造方法の違い

[ 2019/11/18 (月) ]
【前編】からの続きです。

目次

【前編】
1.現在の酒税法でのビールの定義
2.1章 そもそもビールとは何なのか【前編】から一部転記。
3.理解のための背景情報【前編】から転記と追記。
4.3章 発泡酒の登場
【後編】
5.4章「第3のビール」とは何か
6.6章「新ジャンル」とは何なのか
7.5章「糖質オフ」と「カロリーオフ」はどう違う?
8.今後の酒税改定予定
9.関連エントリー

2.1章 そもそもビールとは何なのか
[ 2019/11/18(月) ] カテゴリ: お酒のはなし | CM(0)

【前編】発泡酒、第3のビール、その歴史や製造方法の違い

[ 2019/11/11 (月) ]
第3のビールは、なぜビールの味がするのか?~新ジャンルの味覚を作る技術(夏日幸明 著)を読みました。

日本が生んだ日本だけのお酒──発泡酒と「第3のビール」。世界的にも高いビールへの課税に対し、ビールメーカーは不屈の努力で新ジャンルを生み出し続け、ついに麦を使わずに造るまでに到達する。醸造という自然の営みが生みだす味を、人はどこまで再現できるのか。味覚の官能に技術で挑んだ、ビール味の飲料をめぐる物語。

アサヒビール、キリンビール、サッポロビール、サントリーの各社の技術者は「発泡酒・「第3のビール」はなぜビールの味がするのか」との取材に惜しげもなく答えており、それが本書の根幹をなす部分。

醸造学?の入り口、メーカーと国税庁の攻防の歴史、発泡酒・「第3のビール」の歴史、として面白い読み物でした。書評ではなく自分の理解ノートとして書いてみます。本の内容以外の追記もあります。

目次

【前編】
1.現在の酒税法でのビールの定義
2.1章 そもそもビールとは何なのか
3.理解のための背景情報
4.3章 発泡酒の登場
【後編】
5.4章「第3のビール」とは何か
6.6章「新ジャンル」とは何なのか
7.5章「糖質オフ」と「カロリーオフ」はどう違う?
8.今後の酒税改定予定
9.関連エントリー


(本論に入る前に)
1.現在の酒税法でのビールの定義
[ 2019/11/11(月) ] カテゴリ: お酒のはなし | CM(0)

お酒の分類、超概略製造工程、麹の種類

[ 2019/11/05 (火) ]
お酒の種類が、原料と製造方法の違いで分かるレベルを目標に勉強しました。

目次

1.醸造酒、蒸留酒、混成酒の3分類
2.超概略の製造工程
3.糖化と発酵
4.麹は白麹、黒麹、黄麹の3種類
5.メモ

1.醸造酒、蒸留酒、混成酒の3分類

お酒の分類
*1 麦芽
大麦を少しだけ発芽させ乾燥したもの、英語はmalt:モルト。
発芽により、デンプンを糖化するアミラーゼ等の酵素ができる。
*2 
副原料として、麦・米・とうもろこし・こうりゃん・ばれいしょ・でん粉・糖類またはカラメル。
追加副原料として
2018/4/1酒税法改正で、香り付けや味付けが目的で、麦芽重量の5%まで。
果実、コリアンダー・コリアンダーシード、香辛料(胡椒,山椒など)、ハーブ(カモミール,バジルなど)、野菜、そば・ごま、含糖質物(蜂蜜,黒糖など)・食塩・みそ、花、茶・コーヒー・ココア(これらの調整品を含む)、牡蠣・こんぶ・わかめ・かつお節
*3 シェリー
ワインの一種、酒精強化ワイン(醸造過程でアルコール(蒸留酒)を添加)
*4 カルヴァドス
ノルマンディー地方で造られるリンゴ原料の蒸留酒。この地域以外で作られる同様の蒸留酒はカルヴァドスを名乗ることはできずアップル・ブランデーと呼ばれ区別される。

混成酒:醸造酒や蒸留酒に薬草・果物・甘味料・エッセンスなどを加えたもの
  • 醸造酒原料 ヴェルモット(ベルモット)
  • 蒸留酒原料 リキュール、梅酒
【参考】混成酒(こんせいしゅ)を知る( しっぽり)
[ 2019/11/05(火) ] カテゴリ: お酒のはなし | CM(0)

『がん』の役立ち情報ア-カイブ

[ 2019/11/04 (月) ]
不定期に追記していますが、少したまるとタイムスタンプを更新します。
初回公開日:2019/11/4



がんに関して役に立つ(かも知れない)情報を、メモでアーカイブしてきましたが、結構たまりましたのでエントリーにしました。今後も有用情報に巡り合ったら追記していく予定です。

目次

1.がん検診
2.個別
3.メモ
4.関連エントリー

1.がん検診
[ 2019/11/04(月) ] カテゴリ: がんに関する事 | CM(0)

河川の氾濫のメモ(内水氾濫って何?)

[ 2019/10/21 (月) ]
内水氾濫は聞きなれなかった用語です。
河川の氾濫に関する用語などを含め、直観的に理解できる絵を中心に勉強しました。

目次

1.用語解説
2.内水氾濫って何?
3.内水氾濫の発生
4.雨水と汚水が同じ下水管を流下する合流式下水道の仕組み
5.河川洪水予報
6.水害被災時の衛生対策と消毒方法(メモ)

1.用語解説
[ 2019/10/21(月) ] カテゴリ: 災害、防災関係 | CM(0)

台風第19号による大雨のデータ

[ 2019/10/18 (金) ]
出典は、
台風第19 号による大雨、暴風等(速報)(気象庁 2019/10/17更新)
台風第19号とそれに伴う大雨などの特徴・要因について(速報)(気象庁 2019/10/24)

10日から13日までの総降水量が、神奈川県箱根で1000mmに達し、東日本を中心に17地点で500mmを超えた。特に静岡県や新潟県、関東甲信地方、東北地方の多くの地点で3、6、12、24 時間降水量の観測史上1位の値を更新するなど記録的な大雨となった。
この大雨について、10月12日15時30分から順次、静岡県、神奈川県、東京都、埼玉県、群馬県、山梨県、長野県、茨城県、栃木県、新潟県、福島県、宮城県、岩手県の1 都12 県に大雨特別警報を発表し、最大級の警戒を呼びかけた。

1.台風経路図
台風19号経路図

2.降水量の期間合計の分布図
期間降水量分布図
[ 2019/10/18(金) ] カテゴリ: 災害、防災関係 | CM(0)

国際的に禁止されているオゾン層破壊物質CFC-11が増加している現象について、大半が中国由来

[ 2019/10/14 (月) ]
5月の報道で目にした情報なのでチョット旧聞に属する話ですが、少し広めに関連情報を集めてみました。

目次

1.背景
2.オゾン層破壊物質の放出域特定に関する英科学雑誌「Nature」掲載論文
3.関連する情報

1.背景
[ 2019/10/14(月) ] カテゴリ: オゾン層の破壊 | CM(0)

ビール類の酒税について(今後の推移)

[ 2019/10/07 (月) ]
酒税法改定により最新データに更新。2019/10/7
初回公開日: 2016/01/5



ビール酒税などについて勉強しました。
最終的には、ビール類の税率が1本化され、ビールは下がり発泡酒・第3のビールが上がるようですが、第3のビールが大ダメージを受けるので大反対です。
ビール・発泡酒・第3のビール(新ジャンル)を合わせて、ビール類と書きます。

目次

1.今後の予定
2.ビール類の種類(原料・製法)
3.小売価格に占める税金の比率
4.下がるとはいえ、まだまだ高いビール酒税
 36%が税金
 諸外国のビール酒税との比較(350ml缶)
 アルコール分10ml(1度1リットル)あたりの酒税
 アルコール分1度あたりで、蒸留酒に比べビールが高いのは主要諸国の中で日本だけ
 なぜ、日本のビール類の酒税は高いのか?
5.ビール類の市場規模
6.おまけ情報
7.メモ

1.今後の予定 (2017年の酒税法改定で決定している)
[ 2019/10/07(月) ] カテゴリ: お酒のはなし | CM(0)

ニセ科学/疑似(似非)科学に関する有用情報へのリンク集

[ 2019/10/04 (金) ]
不定期に追記していますが、少したまるとタイムスタンプを更新します。
追記:2019/10/4
前回:2018/8/26
(上記までの追記記録は割愛)
初回公開日:2013/12/09



ニセ科学/疑似(似非)科学に関する有用(だと思った)情報を、メモでアーカイブしてきましたが、結構たまりましたので一覧表にしました。今後も有用情報に巡り合ったら追記していく予定です。

目次

1.総合的な情報・検索【更新】
2.個別【更新】
3.NMRパイプテクター関連【更新】
4.経皮毒関連【更新】
5.空間除菌関連【更新】
6.類似のエントリー
7.WELQ(ウェルク)関連 (DeNAが運営するキュレーションメディア)
[ 2019/10/04(金) ] カテゴリ: ニセ科学,デマ,怪論文 | CM(0)

健康食品やサプリメントに関する有用情報

[ 2019/10/03 (木) ]
不定期に追記していますが、少したまるとタイムスタンプを更新します。
追記。2019/10/3
前回。2018/8/8
(上記までの追記記録は割愛)
初回公開日:2016/3/18



健康食品やサプリメントに関する有用(だと思った)情報を、メモでアーカイブしています。

目次

1.健康食品とは
2.総合的な情報・検索【更新】
3.健康食品やサプリメント全般【更新】
4.乳酸菌関係【更新】
5.酵素食品関係【更新】
6.コラーゲン、グルコサミン、コンドロイチン硫酸、関係
7.活性酸素・水素水関係
8.類似のエントリー

1.健康食品とは

別エントリー:機能性表示食品の問題点、“えんきん”、健康食品とはにまとめていますので、そちらをご覧ください。
[ 2019/10/03(木) ] カテゴリ: 食品中の化学物質,リスク | CM(0)

食関連のニセ・デマ・トンデモに関する有用情報へのリンク集

[ 2019/10/02 (水) ]
不定期に追記していますが、少したまるとタイムスタンプを更新します。
追記、タイトルを小変更:2019/10/2
前回:2018/11/28
(上記までの追記記録は割愛)
初回公開日:2013/12/09



食品リスク関連に関する有用(だと思った)情報を、メモでアーカイブしています。

目次

1.総合的な情報・検索【追記】
2.食関連全般(ニセ科学・似非科学を一部含む)【追記】
3.糖質制限、グルテンフリー関係
4.ゲノム編集関係【追記】
5.GMO(遺伝子組換え)関係【追記】
6.農薬・オーカニック関係
7.ネオニコチノイド問題
8.類似のエントリー

1.総合的な情報・検索
        敬称略
発信日筆者 サイト
など 
表題 
2019/9/28松永和紀PRESIDENT
Online
食品添加物よりおそろしいのは「家庭の台所」だ
手作りは食中毒リスクも少なくない

添加物なくしてツナマヨおにぎりなし
食中毒を防ぐ発色剤がゆがんだ報道で誤解されている:亜硝酸塩、赤肉
一度下がったイメージはなかなか覆せない:味の素、中華料理店シンドローム
化学調味料も無添加も同じ成分:無添加商法
「山パンは添加物まみれ」は大きな誤解
添加物は安全性試験に合格したエリート
添加物よりも細菌による食中毒の方がこわい
2018/8/6成田崇信とらねこ日誌野菜ジュースは栄養素の吸収が良いから健康的なの?
という話についてメンドクサく考えてみる
2018/7/13AFPBB News科学論文にご用心、大半は誤り 専門家が警鐘
ダイエットは生物医学研究の中で最もひどい分野の一つ
2018/3/25津川友介BLOGOSなぜ「野菜を食べると健康になる」
という本は売れないが
「野菜は食べるな」という本は
ベストセラーになりうるのか?
2017/8/2岩永直子
松永和紀
Buzz
Feed
食の世界はニセ情報だらけ 
おいしく健康的に食べるには何が必要か?

(誤った情報を発信するメディアの不勉強、など)
2016/11/24成田崇信メタモル
出版
管理栄養士パパのみんなの食と健康の話
2014/9
2007/5
製品評価
技術基盤機構
経産省
化学物質のリスク評価のためのガイドブック
解説「化学物質のリスク評価について
-よりよく理解するために-」
農林水産省知識があればこわくない!天然毒素
明治大学科学
コミュニケーション研究所
疑似科学とされるものの科学性評定サイト
サプリメント、活性水素水・(電解還元水)、牛乳有害説
環境省『日本人における化学物質のばく露量について』
パンフレット
日本生活協同組合
連合会
食品の安全Q&A
東京都福祉保健局知って安心~トピックス~
国立健康・栄養研究所「健康食品」の安全性・有効性情報
50音順検索
単語検索
環境省化学物質アドバイザー テキスト
大学1年生の化学
(北里大学・野島高彦)
有機化合物の構造と名前を覚えよう

[ 2019/10/02(水) ] カテゴリ: 食品中の化学物質,リスク | CM(2)

新聞労連の自作自演の数々

[ 2019/09/30 (月) ]
4項を追記。2019/9/30
3項を追記。2019/9/9
(上記までの追記記録は割愛)
初回公開日:2018/1/15



日本新聞労働組合連合(新聞労連)に関連するトピックスを聞くと、いずれも、フェイクか、冗談か、デマか、と思ってしまいます。この業界は労使、社外関係者などがそろって同じ穴のムジナで、自浄作用は期待できず、衰退・崩壊しつつある業界だと実感します。

目次

0.日本新聞労働組合連合(新聞労連)とは
以下、新しい順
4.日本の新聞労組、真実と人権を騙って日本叩きに加担2019/9/28【追記】
3.過去の反省が必要なのは韓国と朝日である2019/9/8【追記】
2.1.新聞労連が望月記者を無能扱い:お笑いの抗議声明2019/2/13
2.2.新聞労連と不愉快な仲間たち2019/2/12
1.1.朝日の「森友・加計」報道にジャーナリズム大賞 新聞労連2018/1/12
1.2.関連情報を検索していたら驚くべき情報があったのでメモ
1.3.望月衣塑子記者については別エントリー不作法・偏向マスコミに呆れます(アーカイブス)に複数回、登場しますので転記しておきます

0.日本新聞労働組合連合(新聞労連)とは

かつては総評(日本労働組合総評議会)加盟労組であったが、総評解散以後は連合(日本労働組合総連合会)および全労連(全国労働組合総連合)の何れにも属していない産業別労働組合
朝日、毎日、読売、日経、東京、共同通信、時事通信など86組合が加盟。産経が非加盟なのが特徴的。
中央執行委員長:2018/7/25~南 彰(朝日新聞労組)、以前は小林基秀(北海道新聞労組)。
主な出典:wikipedia

発表している声明・見解のリストを見ると中々のものが、、、以下、一部引用。
  • 平和主義を脅かす憲法改悪に反対する特別決議 2017/12/21
  • 共謀罪と同質のテロ等準備罪成立に抗議し廃止を求める声明 2017/6/15
  • 情報隠しに抗議し秘密保護法廃止を求める 2016/4/1
  • 「戦争法案」の即時廃案を求める 2015/6/24

本論から少し逸れますが、、、
新聞労連は日本マスコミ文化情報労組会議(MIC)議長組合になっている。
日本マスコミ文化情報労組会議:略称:MIC:Massmadia & Information Culture
新聞社、印刷、放送局、出版社、映画制作、広告、音楽、IT、それぞれの労働組合の連合会・協議会等で構成された組織。
構成組織は、以下のとおり。
映画演劇関連産業労組共闘会議(映演共闘)
全国印刷出版産業労働組合総連合会(全印総連)
日本新聞労働組合連合(新聞労連)
全国広告関連労働組合協議会(広告労協)
日本民間放送労働組合連合会(民放労連)
日本音楽家ユニオン(音楽ユニオン)
日本出版労働組合連合会(出版労連)
電算機関連労働組合協議会(電算労)
映画演劇労働組合連合会(映演労連)
[ 2019/09/30(月) ] カテゴリ: メディアにレッドカードを | CM(0)
このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
ブログ内検索