ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブとして整理すると同時に、徒然につぶやいています。 リンクはご自由に。

(メモ)小池都政の懸念情報

[ 2017/09/21 (木) ]
No15,14,13を追記。2017/9/21
No12を追記。2017/9/5
(上記までの追記記録は割愛)
初回公開日:2017/8/3


都議選の結果、小池百合子知事の支持勢力である都民ファーストの会(55人)と公明(23人)が過半を占めることになり、議会がチェック機能を失い、従来に増して小池都政がブラックボックス化する懸念が高まりました。一都民としても築地/豊洲問題や五輪準備が気になります。関連情報をメモ的にアーカイブしていきます。
なお、本エントリーは(メモ その1)小池知事の豊洲対応を疑問視する論説の続きの位置づけです。

以下、原則として新しい順
[ 2017/09/21(木) ] カテゴリ: ★小池劇場 | CM(0)

栄養素の消化・吸収・代謝の基礎

[ 2017/09/19 (火) ]
食べた栄養素がどのように消化・吸収され、さらには代謝されるのか?基礎的なところを勉強しましたので、そのノートをまとめてみます。生物学などの基礎的素養がない素人のノートなので誤りがあるかも知れません。

目次

1.消化・吸収・代謝の全体像
2.各栄養素毎に見ると
3.体の各細胞におけるエネルギー代謝
4.脂肪を燃焼させるには
5.関連エントリー
[ 2017/09/19(火) ] カテゴリ: 栄養学?や基礎的な事 | CM(0)

(豆知識)JR東は6割弱の電力を自分で作っている

[ 2017/09/11 (月) ]
以前から気になっていたことを調べてみました。

JR東日本は56%の電力を自前の発電所で作っている

2015年度データで、年間、56%=(19.7+13.1)/58.3億kWh
これは10電力会社合計の0.66%、沖縄電力(76.5億kWh)の8割弱、に相当。
JR東日本 エネルギーフローマップ
出典:JR東日本CSR報告書(2016年度版)
[ 2017/09/11(月) ] カテゴリ: エネルギー基礎資料 | CM(0)

日本のFITは失敗か?太陽光FITの費用対効果は?

[ 2017/09/04 (月) ]
追記。2017/9/4
初回公開日:2017/08/21


FIT(再生エネルギー特別措置法)に関して、主に、太陽光発電に関するデータなどを久しぶりにまとめておきます。(ブログ主はアンチ太陽光FITなので主観的なところはバイアスが掛かってます。)

目次

1.まずは、2017/4/1からの制度改定時のエネ庁資料です
2.事業用太陽光の買取価格の推移
3.利用者負担として重要なデータは累積賦課金の額
4.今後、どうなるのか?
5.実態として、今なお高額な太陽光買取価格 【追記】
6.費用対効果は?再エネ普及促進の評価は?
7.ドイツのFITについて
8.太陽光過積載問題
9.制度導入時のお話 【追記】

1.まずは、2017/4/1からの制度改定時のエネ庁資料です。
改正FIT法による制度改正について(PDF)

平成29年3⽉ 資源エネルギー庁

この制度が再エネ普及促進と利用者負担のバランスを欠いていた実態と見直し内容を説明しています。
その内容は2011年頃の“再生エネルギー特別措置法”の有効性や必要性の論議、あるいは、施行初期から指摘されていた事ばかりで、いまさら感の高いものです。

官僚の方々にとって、制度導入を決めたのは“政治”(後述)の責任であり、かつ運用の中では、ご自分達にとって最も重要な予算確保の必要がない制度なので、見直しの取組スピードや内容が鈍るのは止むを得ない事かと。
例えば、補助金制度や優遇税制などの場合は、対策のために予算を割く必要があり、それは「どこから持ってくるか」の議論や折衝を欠くことはできない訳ですが、この制度は、消費者が電気料金で負担するだけ(電気料金で100%支えるビジネス、総額も青天井)なので、官僚の腹は全く痛まない訳です。もしかすると、天下り先が増えるというメリットがあるのかも知れません。(自然エネルギー財団?とか太陽光発電協会?とか)
また、一部の関係業者の丸儲け投機商品化している実態、太陽光パネルの設置が環境破壊を招いている実態などがあるようですが、合法行為であれば、それは、いい加減な法律を不用意に作って不真面目に運用した政治・行政の方に問題があるかと。(道義的責任が欠ける業者は問われるべきですが。)
ちなみに改定後も、FIT導入量や発電種類を直接コントロールする仕組みはありません。

以下、一般論として述べた宇佐美典也氏のコメントですが、FITにも当てはまります。→『日本の官僚機構というのは初めの枠組みさえよければそれをきちんと維持して発展していく能力に富むが、初めの設計がわるいと誤魔化し誤魔化しその枠組みを延命させることになる。』

(少々、過激な主観はこのくらいにして)
再エネ普及促進と利用者負担を説明している2ページ、買取価格の推移の21ページを引用して、データを基に分析していきます。
[ 2017/09/04(月) ] カテゴリ: FIT認定制度に関する事 | CM(0)

【基礎資料】エネルギーや発電などの図表集、データベース

[ 2017/09/04 (月) ]
エネルギー白書2017の図表に更新。2017/9/4
平成27年度(2015年度)エネルギー需給実績によりデータ更新。2016/12/7
(上記までの追記・更新記録は割愛) 日本
初回公開日:2013/3/21

ひたすら図表のみを集めました(一部は作成)。 解説などはほとんどありません。

目次 (ページ内リンクが付いています)
[ 2017/09/04(月) ] カテゴリ: エネルギー基礎資料 | CM(0)

(メモ)不条理の壁を越えて、原発事故の子どもへの健康影響

[ 2017/08/10 (木) ]
追記。 2017/9/19
(上記までの追記・更新記録は割愛)
初回公開日: 2017/8/10


自分用にリンクのみのエントリーです。
以下、原則として新しい順

目次

「福島で次世代に放射線被曝の影響は考えられない」ということ―日本学術会議の「合意」を読みとく(服部美咲 SYNODOSシノドス 2017/9/19)
原発事故の子どもへの健康影響(越智小枝 IEEI 2017/9/4~12)
不条理の壁を越えて(服部美咲 SYNODOSシノドス 2017/4/27、2017/9/5)
繰り返された報道による言葉の暴力、「福島産」への正しい理解を(林智裕 WEDGE Infinity 2017/8/6)
[ 2017/08/10(木) ] カテゴリ: 総合的な事 | CM(0)

【基礎資料】電気料金の国際比較

[ 2017/08/10 (木) ]
データ更新。2017/8/10
(上記までの追記記録は割愛)
初回公開日:2013/1/7


比較年や内容が少しづつ異なる、いくつかのグラフです。

家庭用/産業用 電気料金経年比較

★本川裕さんのサイト社会実情データ図録の電気料金の国際比較
日本を含めた7か国のデータが、経年グラフ上に揃っています(産業用・家庭用別に)。解説も充実しています。
データ更新も頻繁になされているので、グラフのキャプチャーはしません。原典をご覧ください。
ベースデータはOECD/IEA Energy Prices and Taxes。

以下のグラフにも共通することですが、日本の経年データは為替の影響を受けて、国内での実感とかい離している可能性があります。 国内経年データの推移はこちらをご覧ください。

欧州 2015年 家庭用/産業用
[ 2017/08/10(木) ] カテゴリ: エネルギー基礎資料 | CM(0)

加熱式たばこ(主にプルームテック)について

[ 2017/08/09 (水) ]
プルームテックを使い始めたので、基本的な情報や調べた事をまとめておきます。

“加熱式”の意味

『電子たばこ』という言葉もあるようですが、各メーカーは『加熱式たばこ』と言ってます。火を使わずに電気的にたばこ葉に熱を加え、発生したニコチンなどの成分を含む蒸気を吸うのが基本的な仕組み。
紙巻きたばこでは有害物質が燃焼(最高900℃)で発生します。一方、加熱式たばこは燃焼させないことで有害物質を抑制しているという。(どの位少ないか?は各メーカーのサイトで。)
そのイメージを図示したのが
gloを科学しよう
出典:グロー公式サイト/製品情報/gloを科学しよう
[ 2017/08/09(水) ] カテゴリ: 食の安全のその他 | CM(0)

(メモ)ワセダクロニクルの“買われた記事”シリーズ

[ 2017/08/02 (水) ]
買われた記事09を追記。2017/8/2
(上記までの追記記録は割愛)
ニセ科学/医学・疑似(似非)科学に関する有用情報へのリンク集から独立・単独化:2017/5/8


『ワセダクロニクル』(渡辺周編集長)というジャーナリズムが、「医薬品の新聞記事がカネで買われた記事だった」との調査報道をシリーズで発信しています。自分用にメモでアーカイブしています。
[ 2017/08/02(水) ] カテゴリ: ニセ科学,デマ,怪論文 | CM(0)

(メモ)「2017年版 情報通信白書」を読み解く

[ 2017/07/31 (月) ]
林雅之氏による標記解説のリンクのみのエントリーです。
2017/7/31からオルタナティブ・ブログに連載。

2017年版 情報通信白書〜特集テーマはデータ主導経済と社会変革〜
(1)スマートフォン社会の到来
(2)スマホ関連サービスの普及状況
(3)スマートフォン経済の拡大をもたらす「Fintech」
(4)シェアリング・エコノミー(C to Cサービス)

【関連情報】
日本におけるソーシャルメディア等の利用率 〜総務省 平成28年情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査から(林雅之 オルタナティブ・ブログ 2017/7/10)

【メモ】
AIに聞いてみた? そろそろ、相関分析、機械学習、深層学習をAIとひとくくりに語るのは止めよう(林雅之 オルタナティブ・ブログ 2017/7/22)
AI白書2017(IPA 独立行政法人 情報処理推進機構 2017/7/20)
[ 2017/07/31(月) ] カテゴリ: メディア関連など | CM(0)

(メモ その1)小池知事の豊洲対応を疑問視する論説

[ 2017/06/18 (日) ]
No82,を追記。2017/6/19
No81,80,79,78,77,76,を追記。2017/6/18
初回公開日: 2016/11/25


11月になって、あるいは、11月18日の築地市場の豊洲移転時期についての定例会見を受けて、小池知事の豊洲対応を疑問視する論説が増えてきた気がします。
小池劇場の本質的なところが問題視されていますね。
(自分用のアーカイブで、いづれも長文からごく一部のみを引用したものですので、正確なところは原文をご参照ください。)
なお、オリンピック会場見直し問題は、(メモ その2)小池知事の五輪対応を疑問視する論説 に続きます。

【追記】『大失策』であったとの認識が広まってきましたね。メディアの対応を含めて少し広くピックアップしていきます。

【追記】長大な情報アーカイブになってしまいました。
市場関係者の経営・経済的損失や納税者が被っている損害、行政機能の棄損などを鑑みると、行政の長の不作為としてレッドカードのレベルになってしまったと感じます。
関連するエントリーとして、
“メディアの特性”と“小池百合子都知事の失政”の類似性、小池さんに送りたい“行政の長の心得?”
築地/豊洲市場問題の理不尽を指摘するtweet集
もご参照ください。

【追記を終了しました。】
関連エントリーとして、(メモ)小池都政の懸念情報 に続きます。

以下、原則として新しい順
[ 2017/06/18(日) ] カテゴリ: ★小池劇場 | CM(0)

(メモ)偏見と誤解に満ちた国連報告など不要だ

[ 2017/06/15 (木) ]
偏見と誤解に満ちた国連報告など不要だ(杉浦正章 永田町幹竹割り 2017/6/14)からごく一部のみの引用、および関連情報です。
[ 2017/06/15(木) ] カテゴリ: メディア関連など | CM(0)

(引用メモ)「紀伊民報」の「山火事デマ」が「福島関連デマ撲滅クラウドファンディング」に火をつけっちまったぜい

[ 2017/06/06 (火) ]
最近の大規模なデマ事件のまとめです。登場する固有名詞のみ引用させていただきます。

「紀伊民報」の「山火事デマ」が「福島関連デマ撲滅クラウドファンディング」に火をつけっちまったぜい(福島 信夫山ネコの憂うつ 2017/5/29)
[ 2017/06/06(火) ] カテゴリ: デマ風評ゼロリスク不信専門家 | CM(0)

(メモ)フェイク情報を見分ける知恵(安井至氏)

[ 2017/06/03 (土) ]
安井至氏によるフェイク情報を見分ける知恵(ニセ情報に満ち満ちた海を泳ぐ技)で4つの法則を提示されているのでアーカイブさせていただきます。
市民のための環境学ガイド 2017/5/24
[ 2017/06/03(土) ] カテゴリ: ニセ科学,デマ,怪論文 | CM(0)

小池百合子都知事の“好意的記者”ランキング

[ 2017/05/23 (火) ]
表題の情報を目にしたのでアーカイブさせていただきます。記事を読む時に参考になるかも知れません。

出典:小池百合子都知事の“好意的記者”ランキング! トランプそっくり、会見でお気に入りの記者ばかりを指名(横田一 リテラ 2017/3/2)
[ 2017/05/23(火) ] カテゴリ: ★小池劇場 | CM(0)
このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索